ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 2月4日 愛は永遠に | トップページ | 今日の音楽 2月6日 花火 »

2011年2月 5日 (土)

今日の音楽 2月5日 柳の歌

1887年2月5日はヴェルディ最後のオペラ・セリア「オテロ」がミラノ・スカラ座で初演された日です。ヴェルディは、この後「ファルスタッフ」というオペラ・ブッファを作曲していますが、セリアとしてはこれが最後の作品になりました。

オテロはご存知のように、シェークスピアを原作とする作品です。ヴェルディは「アイーダ」の成功の後は、年齢や晩節を汚したくないという思いからか、かなり筆が重くなっていたようで「アイーダ」の3年後に書かれた「レクイエム」から「オテロ」までは13年も空白の期間がありました。それだけに、今までの作品とは異なるレシタティーヴォとアリアの区別の無い、楽劇に近い総合芸術に近づいた作品になっています。そのために、ヴェルディの多くのオペラのように、単独で歌われるアリアが少ない作品のため、馴染みという点では、前中期の作品に比べると低いようです。

実は、私はヴェルディのオペラはどちらかというと苦手です。逆に、ヴェルディはオペラ作曲家として認められていますが、オーケストレーションは他のオペラ作曲家に比べれば群を抜いて優れていると思っています。もし、ヴェルディが管弦楽曲をもう少し多く書いていたら、バロック時代以降途絶えていたイタリアの純音楽の歴史が変わっていたかもしれませんね。

そんな少ないアリアの中で、しばしば単独で取り上げられるのが第4幕のデズデモーナのアリア「柳の歌」~アヴェ・マリアです。非常に難易度も高く哀愁に満ちたアリアで、その後祈りの音楽アヴェ・マリアに続きます。とても美しい曲ですよ。

« 今日の音楽 2月4日 愛は永遠に | トップページ | 今日の音楽 2月6日 花火 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 2月5日 柳の歌:

» アバドのヴェルディ:マクベス [クラシック音楽ぶった斬り]
さまざまな情景や心理を鮮やかに表現しているオーケストラと合唱の多彩な表現力も聴きものである。 [続きを読む]

» ドミンゴ&クライバーのヴェルディ:オテロ(1976年スカラ座ライヴ) [クラシック音楽ぶった斬り]
ドミンゴは数々のオテロを録音したが、初期のこの録音は光り輝く若々しさで際立っている。 [続きを読む]

« 今日の音楽 2月4日 愛は永遠に | トップページ | 今日の音楽 2月6日 花火 »