ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月6日 牝鹿 | トップページ | 今日の音楽 1月8日 ベルガマスク組曲 »

2011年1月 7日 (金)

今日の音楽 1月7日 ピアノ協奏曲第2番(リスト)

リストのピアノ協奏曲第2番は、1857年1月7日にワイマールで初演されました。
第1番の協奏曲は、4つの楽章からできている循環形式の交響曲的な色合いが強い作品でしたが、この第2番は単一楽章で、リストが作り上げた交響詩的な色が濃い作品です。
この曲は6つの部分からできています。
第1部は、アダージョによる幻想的な主題の提示です。
第2部は、うってかわって激しい第2主題が提示されます。
第3部は、この曲中最も優美な部分ですが幻想的な雰囲気は低弦やピアノによって保たれます
第4部は、再び激しさを増します。弦楽器にとってもピアノにとっても最も演奏が難しい部分です。
第5部は、第4部からそのままの勢いで突入する行進曲の部分です。短いカデンツァをはさんで後半は静かにはじまりそのままの静けさでコーダを迎えます
第6部はコーダですが、ちょっとコミカルな雰囲気から始まりやがて勢いを増し華やかに曲を閉じます。

20分程度の曲ですが、交響詩風の色が強いので変化に富んだ曲です。協奏曲の魅力のひとつである緩徐楽章の美しいメロディという要素にかける曲ではありますが、レ・プレなどの交響詩と比較して聞いてみると、そちらの要素が強いと感じられる楽しい曲だと思います。

ブレンデルのピアノ インバル指揮のフランクフルト放送響で終盤です。

« 今日の音楽 1月6日 牝鹿 | トップページ | 今日の音楽 1月8日 ベルガマスク組曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 1月7日 ピアノ協奏曲第2番(リスト):

» ツィマーマン&小澤のリスト:ピアノ協奏曲第1 [クラシック音楽ぶった斬り]
決して作品の前に立ちはだかることをせず、リストそのものの世界へと自然に導く演奏であり、救いと憩いが感じられる。 [続きを読む]

« 今日の音楽 1月6日 牝鹿 | トップページ | 今日の音楽 1月8日 ベルガマスク組曲 »