ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月4日 大学祝典序曲 | トップページ | 今日の音楽 1月6日 牝鹿 »

2011年1月 5日 (水)

今日の音楽 1月5日 ピアノ協奏曲第3番(ベートーヴェン)

何故、今日はベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番なのか、というと、ベートーヴェンには全く関係ない日です。ピアノ協奏曲第3番の初演日でもありません。では、何故?

実は1月5日は、20世紀を代表する2人のピアノの巨匠の誕生日。この2名ちょっと路線が違っていてなかなか同じ曲の音源が無い。で、私が持っている音源で唯一2人共通の曲が、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番なんです。

2人のピアニストとは
アルフレート・ブレンデル(1931年1月5日生まれ)
アルトゥーロ・ベネディッティ=ミケランジェリ(1920年1月5日生まれ)
です。

ブレンデルといえば、どちらかといえば古典派やロマン派のドイツ・オーストリア系の音楽を得意とする、と思われていて、特にシューベルトの演奏では定評があります。
ミケランジェリは、完璧主義者(キャンセル魔でもあったそうです)ゆえに、演奏会でのレパートリーはあまり広くなく、定番のドビュッシーのほかはベートーヴェン、シューマン、ショパンあたりを得意としていました。

で、2人の共通のレパートリーはベートーヴェン。
第3番は、「運命」と同じハ短調。重々しい悲壮感を感じさせる冒頭の第1主題も「運命」と雰囲気が似ています。最終楽章は「運命」と違って短調で始まりますが、最後は長調で華やかに終わります(中抜けの解説でした)

何故か、ブレンデルのものはYou tubeに無かったので、ミケランジェリとジュリーニの演奏でフィナーレです。

« 今日の音楽 1月4日 大学祝典序曲 | トップページ | 今日の音楽 1月6日 牝鹿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 1月5日 ピアノ協奏曲第3番(ベートーヴェン):

» ポリーニ&クレツキのショパン:ピアノ協奏曲第1番 [クラシック音楽ぶった斬り]
ポリーニならではの流麗なテクニックと卓越した音楽性を基盤にしたショパンである。 [続きを読む]

» ジュリーニ&ベルリン・フィルのモーツァルト:交響曲第40番&第41番「ジュピター」 [クラシック音楽ぶった斬り]
演奏を支えているのは、遅いテンポ、明確な表現、旋律の悠揚とした歌、この3つの要素だ。 [続きを読む]

» ギレリス&ルートヴィヒのベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番「皇帝」 [クラシック音楽ぶった斬り]
のちのセルとの全集の影に忘れられてしまっては、あまりに惜しい若き日のギレリスの記念すべき演奏である。 [続きを読む]

« 今日の音楽 1月4日 大学祝典序曲 | トップページ | 今日の音楽 1月6日 牝鹿 »