ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月9日 練習曲作品10-3 | トップページ | 今日の音楽 1月11日 2本のフルートの為の協奏曲(チマローザ) »

2011年1月10日 (月)

今日の音楽 1月10日 イシュタール

ダンディという作曲家は、日本では知名度が非常に低いですね。知っていても「フランスの山人の歌による交響曲」という協奏曲(笑)ぐらいかな。交響曲も3つ書いているし、交響詩などの管弦楽作品もかなりの数作曲しています。まあ。フランク門下ということで、日本でのフランス音楽の主流ドビュッシー、ラヴェルなどとは違う路線という事で、あまり興味を持たれないのかもしれません。

ダンディの管弦楽作品で次に知られているのが、交響的変奏曲「イシュタール」です。古代メソポタミアの豊饒、性愛、戦争の女神「イシュタール」が冥界に下る様子を描いた作品で、冥界へ下る際の7つの門を超える様子を描いたものです。が、特に具体的描写をしているわけではなく、冒頭の「イシュタール」の主題を10の変奏曲にした作品です。

特にメソポタミア風の音楽というわけでもなく、結構絶対音楽として聴いてもよい曲だと思います。途中の部分、モントゥー指揮サンフランシスコ交響楽団です。

« 今日の音楽 1月9日 練習曲作品10-3 | トップページ | 今日の音楽 1月11日 2本のフルートの為の協奏曲(チマローザ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 1月10日 イシュタール:

» モントゥー&ロンドン響のチャイコフスキー:交響曲第5番(1963年ライヴ) [クラシック音楽ぶった斬り]
第5交響曲のディスクの中でもムラヴィンスキーの1960年盤と並んで屈指のものといえるだろう。 [続きを読む]

« 今日の音楽 1月9日 練習曲作品10-3 | トップページ | 今日の音楽 1月11日 2本のフルートの為の協奏曲(チマローザ) »