ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 11月10日 ペイネ愛の世界旅行 | トップページ | 今日の音楽 11月12日 弦楽四重奏曲第2番(ボロディン) »

2010年11月11日 (木)

今日の音楽 11月11日 交響詩「ドン・ファン」

アマチュアオケの演奏する側と、聴く側(除くオケ関係者、つまり付き合いで聴きに来る人など)の間での評価のギャップが大きい作曲家は、ブラームスとR.シュトラウスではないでしょうか。(マーラーとかブルックナーは演奏する側でも好き嫌いが大きく分かれると思います)

ブラームスは演奏側はホントに好きな人が多いですよね。私は個人的には好きでも嫌いでもないので、少数派。ウチのオケなんか、数少ないブラームスの作品を2回に1曲ぐらい演奏したがるので、個人的には辟易です。全くクラシック音楽と関係ないウチのカミさんなどは、ブラームスは面白くないそうです。多分、ブラームスの中で私の最も好きな4番のシンフォニーなんてNo Thank Youでしょうね。

R.シュトラウスを私が始めて知ったのは、デオダートというジャズ・ミュージシャンが全米で大ヒットさせた「ツァラトゥストラはかく語りき」でした。その後「2001年宇宙の旅」で使われているのを聴いて「カッコいいなぁ」と思ってレコード(カラヤン-ウィーンフィルの廉価盤)を買ったのが最初。これは最初の数分聴いたら飽きましたけど(笑)。その後、フランクのニ短調の交響曲の廉価盤(メンゲルベルク-コンセルトヘボウ)を買ったら、カプリングされていたのが、「ドン・ファン」でした。このドン・ファンが気に入って、その後「家庭交響曲」「アルプス交響曲」「ティル・・・」「ばらの騎士」「英雄の生涯・・・・自分を英雄としているのは気に入りませんけど」などを聴きあさったので、R.シュトラウスは好きな作曲家になりました。
オケの人はR.シュトラウスやりたがりますよね。但し、アマオケで自己満足でやるのは良いのですが、聴いている方はたまったものじゃない、という演奏が多いのも事実。アマオケだから「やりたい曲」をやる事は否定しませんが、半分以上音をはずす金管や、数種類の音程が聞こえてしまうヴァイオリンでは、聴く方にとっては拷問かもしれません。
という事で、ウチのオケはR.シュトラウスは、候補に挙がっては消えの連続です。でも、いつか拷問にならない程度まで練習して、やりたいですね。
まあ、今ではR.シュトラウスもそれ程好きな作曲家では無いですけど・・

あ、で1889年11月11日にワイマールの宮廷オーケストラで初演されたのが「ドン・ファン」です。ドン・ファンはシュトラウスの初期傑作のひとつ。ティルと並んで聴いていてとっても愉しい曲ですよね。アバド指揮ベルリンフィルで前半です。

« 今日の音楽 11月10日 ペイネ愛の世界旅行 | トップページ | 今日の音楽 11月12日 弦楽四重奏曲第2番(ボロディン) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 11月11日 交響詩「ドン・ファン」:

» アバド&ロンドン響のヤナーチェク:シンフォニエッタ [クラシック音楽ぶった斬り]
複雑な心のひだに、これほどの共感と親密感をもってふれ得た演奏もまれだ。 [続きを読む]

» アバド&ロンドン響のヤナーチェク:シンフォニエッタ [クラシック音楽ぶった斬り]
複雑な心のひだに、これほどの共感と親密感をもってふれ得た演奏もまれだ。 [続きを読む]

» アバド&シカゴ響のベルリオーズ:幻想交響曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
アバドの極めて注意深い楽譜の読みとシカゴ交響楽団の名人芸的と形容したいアンサンブルの妙技を得て、初めて成功した演奏。 [続きを読む]

» アバド&ヨーロッパ室内oのハイドン:「ロンドン・セット」交響曲より(7曲) [クラシック音楽ぶった斬り]
これはあらゆるハイドンの演奏でもトップクラスの名演だ。 [続きを読む]

» マルティノンのサン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」&フランク:交響曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
歯切れのよいリズムで、各部分を明快率直に表現しており、思う存分旋律を歌わせているのも素敵だ。 [続きを読む]

« 今日の音楽 11月10日 ペイネ愛の世界旅行 | トップページ | 今日の音楽 11月12日 弦楽四重奏曲第2番(ボロディン) »