ウェブページ

紹介した音楽

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 10月16日 ロデオ | トップページ | 今日の音楽 10月18日 操り人形の葬送行進曲 »

2010年10月17日 (日)

今日の音楽 10月17日 トランペット協奏曲(フンメル)

1838年10月17日はショパンの命日なのですが、その1年前1837年10月17日はフンメルの命日。

フンメルはスロヴァキア(当時はハンガリー)の作曲家で、2年間モーツァルトの家に住み込んでピアノを習いハイドンにはオルガンを習い、ベートーヴェンとも親交を持ち・・・という当時評判の音楽家だったようです。
交響曲以外のあやゆる分野の作品を残していますが今ではちょっとマイナーな作曲家になってしまっています。
そんな中で最も有名なのが、トランペット協奏曲ホ長調。非常に明るい曲想の軽い音楽で、同時代のベートーヴェンとは一味違う肩のこらない音楽です。
そんな中で、ちょっと2楽章を聴いてみてください。冒頭から少したったところの長調になったところ目をつぶってトランペットソロを取り除いて聴いてみてください。

モーツァルトのピアノ協奏曲第21番の第2楽章、短くも美しく燃えの旋律によく似てませんか?。実はフンメルは過去の作曲家の作品を隠し味に使うのを得意としていたようです(笑)。ピアノソナタ第2番ではグレゴリア聖歌を、第3番では同じモーツァルトの交響曲第40番の終楽章を引用しています。

ちなみに、この曲最近では、トランペットの吹き易い変ホ長調に移調して演奏される事が多いようです。

« 今日の音楽 10月16日 ロデオ | トップページ | 今日の音楽 10月18日 操り人形の葬送行進曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月17日 トランペット協奏曲(フンメル):

» ツィマーマンのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
明快な表現と端正で深く澄んだ歌をいきいきとたたえた演奏は、まことに志が高い。 [続きを読む]

» アルゲリッチ&デュトワのショパン:ピアノ協奏曲第1番 [クラシック音楽ぶった斬り]
アルゲリッチがデュトワという優れた指揮者を得て、ひらめきに満ちた演奏を展開しているのが最高。 [続きを読む]

» C・デイヴィス&シュターツカペレ・ドレスデンのモーツァルト:後期交響曲集 [クラシック音楽ぶった斬り]
伝統的なシンフォニー・コンサート様式による演奏として、第一級の出来映えだ。 [続きを読む]

» ヴァントのモーツァルト:交響曲第39、40 [クラシック音楽ぶった斬り]
客観主義に貫かれたヴァントの指揮芸術の、ひとつの帰結というべき見事なモーツァルトがここにある。 [続きを読む]

» ワルターのモーツァルト:交響曲第25番、第28番、第29番、第35番「ハフナー」 [クラシック音楽ぶった斬り]
モーツァルトの音楽にひそむ雄弁なドラマに着目した、いかにもワルターらしい演奏だ。 [続きを読む]

« 今日の音楽 10月16日 ロデオ | トップページ | 今日の音楽 10月18日 操り人形の葬送行進曲 »