ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 9月14日 ダンテ交響曲 | トップページ | パイオニア交響楽団第21回定期演奏会のご案内・1 »

2010年9月15日 (水)

今日の音楽 9月15日 パッサカリア(ウェーベルン)

1945年9月15日は新ウィーン楽派の作曲家ウェーベルンの命日です。
第二次大戦終結後ザルツブルグ近郊の娘の家に住んでいましたが、娘婿が元ナチの親衛隊員で闇取引に関与していた事から、駐留軍に目をつけられており、ウェーベルンがベランダでタバコに火を付けたのを闇取引の合図と勘違いした米兵によって射殺されました。

ウェーベルンは十二音技法を駆使した前衛的な作曲家だったため生前は殆ど評価されませんでしたが、死後は数々の現代の作曲家に大きな影響を与えたひとりです。

数多い作品の中で、作品番号1のパッサカリアが最も演奏される事が多いようです。この作品はシェーンベルクの下で作曲を学んでいたウェーベルンの卒業作品だそうです。通常はパッサカリアは3拍子ですが、この曲は2拍子です。その拍子以外はバロック時代のパッサカリアの様式を引き継いだ曲になっています。

アバド指揮ウィーンフィルです。

« 今日の音楽 9月14日 ダンテ交響曲 | トップページ | パイオニア交響楽団第21回定期演奏会のご案内・1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 9月15日 パッサカリア(ウェーベルン):

» アバド&ウィーン・フィルのブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」 [クラシック音楽ぶった斬り]
たっぷりとしたテンポでスケール感に欠けることもなく、ウィーン・フィルの美しい響きもあって1990年代の代表的名盤と言える [続きを読む]

» アバド&ウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲第6番「田園」、他 [クラシック音楽ぶった斬り]
アバドは、知性と情感の見事な結合を特色とした演奏を聴かせている。 [続きを読む]

» アバド&ウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲第5番「運命」 [クラシック音楽ぶった斬り]
ライヴならではの豊かな感興が波打つように表された秀演。 [続きを読む]

« 今日の音楽 9月14日 ダンテ交響曲 | トップページ | パイオニア交響楽団第21回定期演奏会のご案内・1 »