ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月23日 ペダル・ハープのための即興曲(ルーセル) | トップページ | 今日の音楽 8月25日 ムーン・リヴァー »

2010年8月24日 (火)

今日の音楽 8月24日 「詩人と農夫」序曲

1864年8月24日はスッペの「詩人と農夫」序曲が初演された日です。

ところで、この「詩人と農夫」の序曲は、昔からオペレッタ(喜歌劇)の序曲とされて来ましたが、実のところは、中身の「オペレッタ」自体が残っていない、楽譜も序曲とワルツしか現存していない。ストーリーも謎、本当にそういうオペレッタが存在していたのかも不明。。。実は劇音楽だ。。。など、色々な説があって、この序曲が本来何だったのか今のところ明確になっていないようです。多分、スッペがオペレッタを多く書いている、浅草オペラで「オペレッタ」として扱われたなどの理由から喜歌劇の序曲という事になっていたようです。

そんな事はとにかく、冒頭のトランペットのファンファーレ、それに続いて「線路は続くよどこまでも」に似ているチェロの長いソロ、主要部のいかにもスッペらしいシンコペーションのメロディ、中間部の優雅なワルツと、10分弱の曲ですが非常に楽しくなる曲です。

バレンボイム指揮ベルリン・フィルです。

« 今日の音楽 8月23日 ペダル・ハープのための即興曲(ルーセル) | トップページ | 今日の音楽 8月25日 ムーン・リヴァー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 8月24日 「詩人と農夫」序曲:

» バレンボイムのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(新盤) [クラシック音楽ぶった斬り]
バレンボイムは、その語り口のうまさと感興ゆたかに変化に富んだ表現で聴き手を放さない。 [続きを読む]

» バレンボイム&ベルリン・フィルのブルックナー:交響曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
その造形は端正で、決然とした力感と芳醇な歌にみちており、高潮と起伏の自然さも特筆に値する。 [続きを読む]

» バレンボイム&シカゴ響のワーグナー:管弦楽名曲集 [クラシック音楽ぶった斬り]
アンサンブルの精度の高さと音色的な配分のよさもさすがであり、音楽・音響ともに楽しめる1枚だ。 [続きを読む]

« 今日の音楽 8月23日 ペダル・ハープのための即興曲(ルーセル) | トップページ | 今日の音楽 8月25日 ムーン・リヴァー »