ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月21日 ロッシーニのオペラ「シンデレラ」の「悲しみは去りゆけ」による変奏曲 | トップページ | 今日の音楽 8月23日 ペダル・ハープのための即興曲(ルーセル) »

2010年8月22日 (日)

今日の音楽 8月22日 神聖な舞曲と世俗的な舞曲

暑い日が続いておりますが、涼しげな音の代表はハープかな?という事でハープの曲をひとつ。

1862年8月22日はドビュッシーの誕生日。言うまでも無く、ドビュッシーは20世紀の新しい音楽の扉を開けた重要な作曲家の一人ですが、彼の音楽で色彩感を表現するオーケストレーションの特徴がフルートの中低音やハープの使い方が上げられると思います。
殆どのオーケストラ曲でハープを使用していますが、そんな中でハープと弦楽合奏のための「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」という曲があります。

ご存知のとおり、ハープの調律は全音階で調律されて半音階はペダルを使用しますが、当時弦の数を増やして半音階で調律するハープが考案され、この半音階ハープの普及のために依頼されて作曲したのが「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」です。結局、半音階のハープは普及せず、この曲も今ではペダルハープで演奏されます。

曲はゆったりとした神聖な舞曲と 速いテンポの世俗的な舞曲の2曲から出来ていて、通常は続けて演奏されます。まあ、弦楽器は刺身のツマみたいな感じですが、音は涼しげですから良いんじゃないでしょうか。

マリエル・ノルドマンのハープ。オーケストラはわかりません。

« 今日の音楽 8月21日 ロッシーニのオペラ「シンデレラ」の「悲しみは去りゆけ」による変奏曲 | トップページ | 今日の音楽 8月23日 ペダル・ハープのための即興曲(ルーセル) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 8月22日 神聖な舞曲と世俗的な舞曲:

« 今日の音楽 8月21日 ロッシーニのオペラ「シンデレラ」の「悲しみは去りゆけ」による変奏曲 | トップページ | 今日の音楽 8月23日 ペダル・ハープのための即興曲(ルーセル) »