ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月5日 クラリネット五重奏曲(ウェーバー) | トップページ | 今日の音楽 6月7日  4つの海の間奏曲 »

2010年6月 6日 (日)

今日の音楽 6月6日 交響曲第5番(マーラー)

「ベニスに死す」を著したトーマス・マンの誕生日は1875年6月6日。「ベニスに死す」は友人だったマーラーの死に触発されて書いた作品ですが、著書の中では主人公のアッシェンバッハは作家として描かれています。

これを映画化したヴィスコンティは、アッシェンバッハを元々のモデルとされていたマーラーに再転換し、音楽家アッシェンバッハとして描いています。美少年タージオを求めて彷徨うアッシェンバッハがやがてコレラに感染し、自ら化粧を施し、海岸で遊ぶタージオの姿を見ながら死を迎えるラストシーンは映画史に残るシーンのひとつでしょう。
この「ベニスに死す」の音楽に使われているのがマーラーの3番と5番。特に最期のシーンで流れるマーラーの5番の第4楽章アダージェットは、ハープと弦だけというマーラーとしては最小の編成の楽章ながら人気が高いですね。

という事で、5番自体はマーラーの2番から続いた声楽を含める交響曲に一旦終止符を打った純器楽作品の最初の曲であり、彼にとって20世紀の幕開けになるシンフォニー(1901年作曲)という、転換期にあたる作品です。弦楽器奏者であれば一度は演奏してみたい曲ですが・・・他の楽章を考えると二の足を踏みます(笑)

おすすめは、ゆったりしたテンポで歌いまくるバーンスタイン-ウィーンフィル盤あたりはいかがでしょうか。(他の楽章は知りませんが)
バーンスタイン指揮ウィーン・フィルでアダージェットの前半部分です。

« 今日の音楽 6月5日 クラリネット五重奏曲(ウェーバー) | トップページ | 今日の音楽 6月7日  4つの海の間奏曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 6月6日 交響曲第5番(マーラー):

« 今日の音楽 6月5日 クラリネット五重奏曲(ウェーバー) | トップページ | 今日の音楽 6月7日  4つの海の間奏曲 »