ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月27日 シバの女王 | トップページ | 今日の音楽 6月29日 花 »

2010年6月28日 (月)

今日の音楽 6月28日 ヴァイオリン協奏曲(ブラームス)

1831年6月28日は、名ヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒムの誕生日です。勿論、この世紀のヴァイオリニストの演奏を直接聴く事はできませんが、ヴァイオリンの先生としてアウアー、フバイらを育て、その弟子から生まれた孫弟子ジンバリスト、ハイフェッツ、ミルシティン、シゲティといった孫弟子など層々たる人達を思うとその偉大さがわかりますね。

そんなヴァイオリニストですから彼に献呈された曲も数知れず。有名どころではシューマン、ブルッフ、ドボルザークのヴァイオリン協奏曲の献呈を受けています。ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームスのヴァイオリンの三大協奏曲との因縁も深いものがあります。
ベートーヴェンのものは、初演後、日の目を見なかったこの作品をヨアヒムが積極的に演奏会に取り上げ現在のように知名度の高い曲にしました。メンデルスゾーンはヨアヒムの師匠、そしてブラームスは非常に関係の深い仲で、ブラームスはヴァイオリンの技術的なアドバイスをヨアヒムから受けて作曲、献呈していますし、ダブル協奏曲の初演演奏、交響曲第1番のイギリスでの初演指揮など密接な関係があります。

従って、今日はこのヴァイオリン協奏曲を聴きましょう。私はオイストラフがヴァイオリンを弾いたクレンペラー版とセル版を持っています。全体的にはセル版の方が良さそうですが、最終楽章はクレンペラー版の元気の良さも捨てがたいです。
オイストラフのヴァイオリン、ロジェストヴェンスキー指揮モスクワ放送交響楽団の演奏で第3楽章です。

« 今日の音楽 6月27日 シバの女王 | トップページ | 今日の音楽 6月29日 花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 6月28日 ヴァイオリン協奏曲(ブラームス):

» アバドのメンデルスゾーン:交響曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
アバドの成熟ぶりと円熟した棒さばきが冴え、全体にすっきりとまとまっており、ことに弦楽器の美しさは筆舌につくし難い。 [続きを読む]

» クレンペラーのベートーヴェン:交響曲全集&ピアノ協奏曲全集(バレンボイム) [クラシック音楽ぶった斬り]
ここでのクレンペラーは晩年の演奏様式を確立し、独自の個性をもった表現を展開している。 [続きを読む]

« 今日の音楽 6月27日 シバの女王 | トップページ | 今日の音楽 6月29日 花 »