ウェブページ

紹介した音楽

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月4日 序奏とロンド・カプリチオーソ | トップページ | 今日の音楽 4月6日 2人のシュトラウス »

2010年4月 5日 (月)

今日の音楽 4月5日 -喜歌劇「こうもり」

ウィンナ・オペレッタの最高峰と言われる、ヨハン・シュトラウスの「こうもり」が初演されたのが1874年4月5日です。シュトラウスの優雅なウィンナ・ワルツの旋律が散りばめられており、大晦日の出来事を題材にしている事から、ヨーロッパを中心に大晦日の演目として、今でもあちこちで上演されている曲です。内容は、かなり「はちゃめちゃ」で、酔っ払って役人を殴って刑務所に入るはずのアイゼンシュタイン、夫の留守中に元恋人のアルフレートを引き入れた妻のロザリンデ、そこへ現れた刑務所長のフランクは、アルフレートをアイゼンシュタインと間違えて刑務所へ・・・その後の、全員入り混じっての舞踏会でのドタバタと、最後はめでたしめでたし・・・詳しいストーリーは自分で調べてみてください。

この「こうもり」の序曲は、単独でも演奏されるほど人気の高い曲です。オペレッタの中の旋律がちりばめられ、ワルツもたくさん出てくるし、シュトラウスの曲でも楽しさの点から言えばナンバーワンかもしれませんね。

クライバー指揮ウィーンフィルです。


« 今日の音楽 4月4日 序奏とロンド・カプリチオーソ | トップページ | 今日の音楽 4月6日 2人のシュトラウス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 4月5日 -喜歌劇「こうもり」:

« 今日の音楽 4月4日 序奏とロンド・カプリチオーソ | トップページ | 今日の音楽 4月6日 2人のシュトラウス »