ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月7日  夏の日の恋 | トップページ | 今日の音楽 4月9日  ピアノ協奏曲(矢代秋雄) »

2010年4月 8日 (木)

今日の音楽 4月8日 道行のテーマ(八つ墓村)

今日は、日本を代表する映画監督のひとり野村芳太郎の命日です(2005年)。

砂の器で一躍売れる監督になった野村芳太郎が、次に制作した(本当は間につまらない映画が1本ある)のが、東宝が市川崑の「犬神家の一族」で当てた横溝正史作品。松竹は、横溝作品の中でも最大のスケールの「八つ墓村」を取り上げました。
映画自体は、山崎努が頭に蝋燭をつけた鉢巻姿で走り抜ける異様さと、「祟りじゃ~」の告知の効果もあって興行的には成功しましたが、原作とは全く異なる世界であり、評価はかなり割れました。もっとも、砂の器も原作とは、かなり違ってましたけどね。

この「八つ墓村」の音楽を書いたのが芥川也寸志氏。砂の器も音楽を担当したのは芥川でしたが「宿命」は違う作曲家の作曲です。
特に、この映画の後半、小川真由美扮する美也子と、萩原健一の辰弥が洞窟(鍾乳洞)の奥へ奥へ入って行き、愛し合うシーンで流れていた「道行のテーマ」は、数多く映画音楽を書かれた芥川の傑作のひとつだと思います。

映画自体は、やたらに祟りだとか「おどろおどろしさ」を前面に出したオカルトっぽい内容ですが、この後半のシーンだけでも見る価値はあるかもね。鍾乳洞の神秘な美しさと、「道行のテーマ」。最高でっせ。

« 今日の音楽 4月7日  夏の日の恋 | トップページ | 今日の音楽 4月9日  ピアノ協奏曲(矢代秋雄) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 4月8日 道行のテーマ(八つ墓村):

« 今日の音楽 4月7日  夏の日の恋 | トップページ | 今日の音楽 4月9日  ピアノ協奏曲(矢代秋雄) »