ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のご案内5 コッペリア その3 | トップページ | パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のご案内7 コッペリア その5 »

2009年11月 3日 (火)

パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のご案内6 コッペリア その4

コッペリアの3曲目は「チャルダッシュ」です。
チャルダッシュはハンガリーの音楽で、ラッシューという遅い部分と、フリスカという速い部分で出来ている音楽です。酒場風という意味ですが、ロージャヴェルジ・マールクというハンガリーの作曲家の作品名から広まったものだそうです。ラッシューは、かなり遅く哀愁をもった曲で、フリスカはかなりテンポの速いパートなので、その対比が非常に面白い曲です。

チャルダッシュといえば、モンティの曲が有名ですね。そのモンディのチャルダッシュと並んで有名なのが、このコッペリアのチャルダッシュですが、この曲はラッシューの部分は哀愁というよりは、少し滑稽な感じがします。
この曲の見所は、フリスカの部分のチェロとヴィオラのメロディ、テンポ速いしチェロにとっては音域が高いので結構大変です。ところがしばらく後に、コントラバスも同じようなメロディが出てきちゃいます。音域は低いし、他の楽器もガチャガチャとやかましいので、先ほどのチェロとヴィオラ程は大変では無いですが・・・

« パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のご案内5 コッペリア その3 | トップページ | パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のご案内7 コッペリア その5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のご案内6 コッペリア その4:

« パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のご案内5 コッペリア その3 | トップページ | パイオニア交響楽団第20回定期演奏会のご案内7 コッペリア その5 »