ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のご案内 3 | トップページ | パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のご案内 5 »

2009年3月31日 (火)

パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のご案内 4

モーツァルトの交響曲第39番の第1楽章は、モーツァルトにしては非常に長い序奏をもつソナタ形式です。モーツァルトのシンフォニーで緩やかなテンポの序奏がついているのは36番、38番と39番の3曲だけ。36番は比較的短く38番は長くミステリアスな序奏ですが、この39番の序奏は冒頭から全楽器のTuttiで堂々と演奏されます。そういえば、今回の演奏会は3曲とも冒頭からトランペットが鳴り響く曲になりました。イタリア奇想曲とシューマンの春は、勿論トランペットが裸でファンファーレを鳴らしますし、39番もTuttiですが全楽器でEs-durの主和音を鳴らすわけですからオーケストレーションの原理からトランペットが大きく鳴り響くように聞こえます。

ところで、モーツァルトの譜面にはクレッシェンドとかディミヌエンドは殆ど表記されていません。譜面を見るとpからいきなりfになったり、その逆だったりという音楽になっています。これについては、譜面に書いてある事を忠実に再現しなければならない、という主義の方もいれば、譜面に書かれていない作曲家の意図を汲み取ってcresc. や dim.を入れるのが正しい、という人もいます。勿論、作曲家モーツァルト自身にはもう尋ねる事はできませんので、どの意見が正しいのかは永遠の謎ですが、黒岩先生のモーツァルトは聴く側に立って、どう演奏すれば心地よいか、心を揺らす事ができるか、などという観点でcresc. dim.を指示されます。
4_2 例えば、序奏の第1小節目Es-durの和音のTuttiのあとの2小節目の2拍目から木管楽器が弱音になって、経過のリズムを演奏するのですが、弦楽器は2小節目の頭は譜面通りだと強いままの2分音符。このまま演奏すれば勿論木管楽器の弱音は全く聴こえません。従って、弦楽器はこの2分音符はdim.するわけです。また、3拍目からヴァイオリンが下行音階で次の小節のTuttiへの繋ぎを行いますが、これも譜面通りだと静かなヴァイオリンの下降音階から、いきなりfでtuttiになって、結構びっくりします。例えば、この繋ぎが上行音階だったら人間の耳には若干cresc.して聴こえるのですが下行音階なのでdim.気味に聴こえるから、繋ぎの音形としてはちょっとびっくりかもしれません。従って、ここも下行しながらヴァイオリンはcresc.をするという事になっています。勿論16小節目あたりにエコー効果のような場所では、いきなり音量を落としますけど。

序奏だけで長くなってしまいましたが、序奏部分だけではなくて主部に入っても、更に他の楽章についても譜面には書かれていないダイナミクスの変化は今回の演奏ではかなり多いと思って頂いて結構だと思います。

« パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のご案内 3 | トップページ | パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のご案内 5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のご案内 4:

« パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のご案内 3 | トップページ | パイオニア交響楽団第19回定期演奏会のご案内 5 »