ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月23日 (日)

ヴァンスカ指揮 読売日本交響楽団演奏会

21日(金)サントリーホールに、ヴァンスカ指揮の読売日本交響楽団演奏会に行ってきました。読売日響でコンバスを弾いている高校の後輩から招待券をもらって会社が終わる5時45分に飛び出して6時20分ごろには到着。南北線ができて1本で行けるようになったので、昔は不便だったサントリーホールが一挙に便利になりました。

プログラムはオールベートーヴェンプロ。前半が序曲「コリオラン」と交響曲第4番、後半は序曲「命名祝日」と交響曲第8番。実は、ベートーヴェンの9つのシンフォニーの中で一度も演奏した事が無いのがこの2曲なんです。何故か縁が無いのですが、実際のところ 編成も小さくて時間も30分程度という短い曲なのにかなり技術的に難しいために、アマオケでは敬遠されがち、という事情もあるようです。
ヴァンスカは徹底的にインテンポ(要するに、作曲家の指定が無い限りテンポを動かさないで演奏する)スタイルでの演奏でした。テンポ自体はやや速めですが、特別速いわけではありません。が、インテンポで演奏する難しさというのは、自分の演奏活動の中でも何回も体験しています。

指揮者が「ここは歌え」とか「エスプレッシヴォ」とか言うと、演奏者はそのメロディを気持ちを込めて演奏しようとします。気持ちが込められるという事は、フレーズの中で音の伸び縮みが発生し易いわけですが、アマチュアの場合テンポが伸びてそのまま元に戻らず遅くなったテンポをなかなか取り返せないなどという事はよくあります。が、基本的には独奏ではないのでリズムをやっているセクションなどが困らないように小節、或いはフレーズ内でテンポを取り戻すように演奏しなければなりません。ヴァンスカの場合、その伸び縮みを一切許さないというのが基本的演奏姿勢です。

従って、音楽のヤマ場に向かってテンポを下げるなどという事はしないので、自然とあっさりした演奏になり勝ちです。が、この日のオケはインテンポの中で出来る限り歌おうという気持ちが表れていました。特に前半の4番は緊張感も優美さも味わえたのではないかと思います。ファゴット殺しとも呼ばれるファゴットにとっては難曲のひとつなのですが、ちょっと乱れたところはあったものの全曲を通しては天晴れといえる程着いて行っていたと思います。後半の8番は曲の構成自体も小さいのでインテンポで演奏する緊張感が表現しにくい曲であったためか、4番に比べると少し悪かったかもしれません。

特に、8番の場合、自分が最も好きな場所が第1楽章の最初の4小節なので、それ聴いちゃうとちょっと飽きちゃうところもあるものですから・・・

2008年11月 5日 (水)

もっと、もっと・・・富士オケの仲間達の演奏会を終えて

11月3日杉並公会堂、高校のOBによる演奏会が終わりました。
我がコントラバス・パートはプロになった後輩2名をはじめ全部で9名。上は50歳を超えた私、下は大学生、立派に歴史を感じさせるパートでした。忙しい中、結局9人全員が揃ったのは当日のステージ・リハーサルという状況。普通であれば、これで纏まりがつくはずが無い、と思うのですが。。。

全員が揃わない事は事前にわかっていたので、ML作って練習時の注意事項や録音を聴いての修正ポイントを(細かくていやがられるかもしれないと思いながらも)流して、できる限りの情報の共有化。指揮者から与えられた課題もML上で話し合ったり全員が一堂に会せない割には盛り上がって来ました。でも、やはりメール上の話。実際に全員で合奏するのとは雲泥の差。不安を持ったまま当日を迎えたわけです。

ステージ・リハーサルで弾いてみると、修正ポイントは概ねクリアされているし、何よりも演奏の方向性がきちんとしている事に驚き。自分自身も手探りで弾いていた部分もあったのですが、思いっ切り弾けそうだ!と確信した瞬間から、自分の中でもっと上の演奏をという願望が頭をもたげてきました。
で、本番は気持ちよく弾かさせて頂きました。実に気持ちよく。後で録音聴いても、音程も表現も満足のいくレベル。OBと言ったって、このために集まってきた人が多くて練習の時初めて会った後輩もいるんですが、一体感が物凄い。不思議でした。

終わってみると、このメンバー、もっともっと出来たんじゃないか、もっと上を追求できたんじゃないかとの思いが強く残っています。自分もそうですが、コントラバスパート自体がもっと出来たと確信しています。次に機会があったら、もっと凄い集団を目指したいな。そんな魅力的なメンバーでした。
自分もこの年になって、さらに上を目指したいなと思える演奏会でした。
これを自分のオケでも活かさなきゃね。

2008年11月 2日 (日)

いよいよ 明日

富士高校OBの演奏会です。

今年は、自分にとっても音楽漬けの1年でした。勿論、もっとたくさん音楽活動している人はたくさんいると思うけれど、あまりエキストラ出演をしない私にとって今年は会社の新年朝礼から始まって、5回の演奏会に出演する事になります。
多分今年の最後になる、この演奏会は今までの演奏会と全く異なる感慨があります。パイオニア交響楽団の場合は、自分は役員をやっていますが、演奏会自体は電車を置けば、レールの上を走り出すような感じがします。OBのオケは常設ではないので全くの手作り。勿論色々な高校、大学のOBのオーケストラが数多くありますが、このオケは毎回全くの手作り。今まではただ出演していただけでした。今回は、企画段階から微力ながら参加させて頂きました。

演奏の巧拙、慣れを考えれば、勿論普段から何年も同じ方向向いて活動しているオーケストラには足元にも及びませんが、手作りならではの、そして、同じ学び舎から巣立った人達ならではの共通言語が、何かを訴えかけられれば良いなあ、と思っています。そして、これが終われば、また次の手作り演奏会への第一歩が始まる事を願っております。

そんな屁理屈はともかく、明日は一アマチュア音楽家として精一杯のパフォーマンスができるように頑張りたいと思います。でも、2日連続午前午後の練習は老体には堪えました。。。明日の朝の腰痛と筋肉痛が心配です。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »