ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

おすすめCD ベートーヴェン/交響曲第2番

ベートーヴェンの交響曲第2番というと、ベートーヴェンの9つの交響曲の中でも比較的穏やかな曲という印象がある。
そうは言っても、第4楽章はベートーヴェンらしく溌剌とした曲想ではあるが、全体のイメージはまだハイドンの延長線上の典型的な古典派のシンフォニーというイメージが強い。

と、思っていたのだが(自分で演奏した時もそう思っていた) ワルター指揮のコロンビア交響楽団は、第1楽章冒頭からそんなイメージを払拭してしまう演奏だった。いまさら、ワルターというご意見もあるかとも思うが、いまさらでは無い新鮮な気持ちがした。そこにあるのは、正しくベートーヴェンの世界であって、ハイドンの明るく前向きのそれらとは明らかに異なるかっちりとした演奏だった。残念ながら第2楽章は、私の持っているテンポやイメージとかけ離れた演奏だったのではあるが、それを差し引いても余りある第1楽章だった。最終楽章も決して気に入らない演奏というわけではなく、かっちりとした音楽ではあったが、ここではもう少し上下の動きが欲しかった。

全体的な印象としては、名盤といわれるだけあって(とは言っても、ワルターの代表的な録音である「田園」は、個人的にはあまり好みではない)ベートーヴェンの第2交響曲はこの一枚を是非と思う。

2007年11月17日 (土)

更新情報 11/17

ベートーヴェンの交響曲第4番の第3楽章をアップしました。

この楽章は、スケルツォともメヌエットとも表記されていませんが、主題や展開を見ると明らかなスケルツォです。
非常に速いテンポで、かつ楽器同士のキャッチボールが多いため、我々アマチュアが演奏する場合は遅れに注意なのです。
トリオは譜面ではテンポの変化はなし。しかしながら、演奏としては、そのままのテンポで演奏するものと、テンポをかなり緩める演奏がある。テンポを緩める場合はスケルツォからトリオにそのまま突っ込むと、つんのめったような妙な感じになるので、演奏によってはスケルツォの最後に一旦G.P.を入れて演奏を止めて、トリオに入る演奏もあります。
このMIDIでは、テンポは少し遅くしているが、そのままG.P.なしにしています。

逆に、トリオからスケルツォに戻る場面では、テンポを落としていてもアッチェレランドでスケルツォまでテンポを上げるので止まる事はありません。

2007年11月 3日 (土)

更新情報 11/3

中国出張やら風邪ひいたり、ギックリ腰やらで、かなりのご無沙汰になっておりました。

週一回の更新はキチンとやっているのですが。。

現在ベートーヴェンの交響曲第4番を作成しております。第2楽章までアップしており、第3楽章も作成は完了しており、今第4楽章の打ち込みをやっている最中です。このベートーヴェンの4番は難曲中の難曲で、特に第4楽章は、こんな曲弾けといわれたらどうすりゃいいのか、などと考えながら打ち込んでいます。それと並行してクリスマスメドレー2007年版を作成中、これがクリスマスメドレー4曲目で最後になると思います。

そんな中、今日はランゲの「花の歌」を管弦楽編成に編曲したものをアップしました。
花の歌は中級のピアノ曲で非常に華美な旋律と、アップテンポのメロディが対照的な作品です。
主要部の旋律は木管と弦に歌わせ、アップテンポのパートでは弦のピチカートアンサンブルに乗せて木管が旋律を奏でます。再び出てくる冒頭のメロディは金管楽器に歌わせます。中間部は弦楽器とホルンによって美しく盛り上げ、最後は冒頭のメロディに戻りコーダに入っていきます。

3つのメロディが非常にはっきりした性格のため、オーケストレーションもはっきりと色分けしてみました。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »