ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 夏休み 北東北旅行・7 | トップページ | 夏休み 北東北旅行・9 »

2007年9月 3日 (月)

夏休み 北東北旅行・8

日本は島国なので、全国あちこちを旅行すると岬は避けて通れない。地形的に山が海に向かって急激に落ち込んでいる場所が多いので、日本の岬は険しい場所が多い。知床岬のように、登山をしないと行けない場所もある。

2 男鹿半島北西端にある入道崎は、地形は海岸段丘になっているため急激に海におちこんでいるのだが、灯台のある場所は草原になっており、非常に明るい。駐車場から全く起伏のない草原を3分程歩くともう海岸である。駐車場の反対側には土産物屋が並んでおり俗的なのだが、駐車場の反対側の海の方向には店が全く無いので、岬自体はそういう印象を受けない。3_2

また、この入道崎は北緯40度の位置にあるため、写真のような石造りのモニュメントが点在している。この石は2つに割れており、その割れ目を結ぶ線が北緯40度の線である。北緯40度というとニューヨークが同緯度にあたる。
この入道崎は夕陽が有名な場所であるが残念ながらこの日は曇り。早々に宿に向かう。

およそ10分で男鹿温泉に到着。この日の宿は男鹿ホテル。前日と前々日に比べるとホテル自体古く、部屋も狭い。但し値段は一番高い。
特段に、問題があるわけではないが、前日のホテルが良すぎた。

夕食は、男鹿の名物が並ぶ。焼き物は5つほどのメニューから2つをチョイス。私は鰰(はたはた)と比内鶏の焼き鳥を選択。鰰は東京のスーパーなどには並んでいないが、秋田では一般的な魚だった。今は漁獲量が減って安い魚ではなくなっているが、干物にすると甘く食べ易い身である。Photo

お造りも美味しかった。特に、いつもは旨いと思わないウニが絶品だった。
メインは、石焼。
鰰などをぶつ切りにして鍋に入れ、そこに真っ赤に焼けた石を投げ込むとあっという間に煮える。それに味噌味をつけて食べるのである。このホテルを選んだ理由がこれであった。元々漁師が浜辺で食べた、この石焼をホテル料理として最初にアレンジしたのがこの男鹿ホテルである。それだけに、この料理についてはこだわりがあり、石焼専用カウンターがあって、そこへお客さんを呼んで実演する。使用する石は、海岸で拾ってくるそうであるが、何でも良いわけではなく、間違った石を使ってしまうと、鍋に投げ入れた瞬間に割れてしまうそうである。

食事を十分に堪能して最後の夜は終わった。

« 夏休み 北東北旅行・7 | トップページ | 夏休み 北東北旅行・9 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み 北東北旅行・8:

» 秋田 運転免許証 [秋田 運転免許証 サイト]
運転免許証に関する情報サイトです。様々な情報がありますので参考にしてみて下さい。 [続きを読む]

» お台場大江戸温泉物語の温泉施設 [大江戸温泉情報]
大江戸温泉の情報。お台場の大江戸温泉物語についての情報やお得なクーポン、チケット情報や、会津の大江戸温泉物語湯屋あいずの情報など、大江戸温泉に関する情報がいろいろあります。 [続きを読む]

» 玉川温泉の宿泊施設、交通アクセス [玉川温泉案内]
玉川温泉について。秋田県にある玉川温泉の温泉の情報や、玉川温泉での岩盤浴、湯治、宿泊施設、日帰り施設、玉川温泉の効能、玉川温泉の水の宅配など、玉川温泉の情報がいろいろあります。 [続きを読む]

« 夏休み 北東北旅行・7 | トップページ | 夏休み 北東北旅行・9 »