ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

夏休み 北東北旅行・6

滝野沢峠で十和田湖と別れ、国道102号を一路黒石へ向けて走る。相変わらず雨は降ったりやんだりを繰り返す。途中道の駅いなかだて でトイレ休憩。黒石を抜け田舎に不似合いな幅広い2車線の道を走るうちに弘前の市街地に入っていく。市内に入るとさすがに車の量が多い。4

弘前は、2回目。1回目は20年以上前の鉄道旅行。北津軽を一気に回った旅だった。その時は弘前駅前のビジネスホテルに泊まったが、町の様子は随分と変わった。とても都会になっている。弘前城の東側にまわり城の前にある津軽藩ねぷた村へ。

ここは、青森のねぶたの里に比べると規模はかなり小さいが、同じように本物のねぷたが展示してある。館内では、太鼓を叩かせてもらったり、津軽三味線の実演を聞いたり、時間があればねぶた作りの体験もできる。

弘前を後にして、今日の宿大鰐温泉に向かう。当初は弘前のホテルに泊まる事も考えたが大鰐温泉で比較的安くて評判の良い宿があったので、泊まる目的だけで大鰐に行く。弘前からは30分ぐらいで目的の不二やホテルに到着。大鰐温泉は温泉街が形成されているわけでもなくポツリポツリと温泉宿が散在している。車を玄関につけるとすぐに宿の人がやって来た。暑いので駐車場でも朝日があたらないところを案内してくれた。中々の心遣いである。部屋は12畳+掘りごたつ風のリビングスペースとかなり広め。ひとり14000円ぐらいだったと思うが部屋はものすごくきれい。新しくはないが、掃除が隅々まで行き届いていて気持ちがいい。これだけきれいに掃除されている旅館は、鬼怒川のあさや、浜名湖の九重という25000円~30000円クラスの宿ぐらいだったので、ここが評判が高いのがわかるような気がする。
夕食はレストランだが、どれも工夫されており美味しかった。

いよいよ、明日は白神山地。予報では雨のち曇り。

2007年8月29日 (水)

夏休み 北東北旅行・5

銚子大滝からは、若干のアップダウンを繰り返しながら渓谷を歩く。時折ネイチャーガイドが連れた団体がいるが、遊歩道が狭いので立ち止まって説明をされると道が塞がれて結構迷惑である。少し他のハイカーにも気を使ってもらいたい。途中の雲井林業のあたりで、川の対岸にあった大木が倒れて道を塞いでいる場所があった。倒れた時に人は歩いていなかったのかしら。。。Photo

銚子大滝から約1時間半で、雲井の滝に到着。雲井の滝は道を隔てた反対側にあり、ここ奥入瀬では最も滝らしい滝である。あと残りは1時間弱なのだが、カミさんも子供も同じような景色の連続と暑さでへばり気味。ここから先は主要な見所も無いので、バスで引き返す事にする。

ここ奥入瀬を走っているバスは、青森と八戸から来る観光路線のJRバスのみ。本数は1時間に1本~2本程度。30分待ちでバスに乗る。

バスは今歩いた遊歩道と並行に走る国道を逆に走り15分ほどで子ノ口到着。我々はそのまま終点の十和田湖(休屋)へ向かう。30分ほどで休屋到着。ここで昼食を食べて、駐車場に止めてあったレンタカーに乗り込む。十和田湖沿いに少し走って、湖を離れ南下。5分程山を登ったところにある4つある十和田湖の展望台のひとつ発荷峠に到着。1

発荷峠は、秋田県に属する十和田湖展望地のひとつである。JRの十和田南や、東北自動車道から来ると山を登りきったところでいきなり十和田湖の景観が開ける素晴らしい景色の場所。という事で私にとっては2回目だが、わざわざ寄り道をしてみた。

発荷峠から十和田湖岸に戻り、湖岸に沿って休屋とは反対方向に走る。空は明るいのであるが、雨が降ってきた。最初はポツポツという感じだったのだが、次第に強くなる。十和田湖を離れ、黒石方面に向かう途中で本降りになった。今日の後の予定では屋内施設の弘前にあるねぷた村なので、雨降りでも問題ないが明日以降の天候が心配である。

2007年8月28日 (火)

夏休み 北東北旅行・4

2日目は、ホテルから車で1分程の湖畔、休屋の遊覧船乗り場から十和田湖東岸の子ノ口に向かう遊覧船に乗り込む。Photo

天気予報では曇りのち雨という予報だったが、幸い非常に良い天気。湖面は青く輝いていた。

十和田湖は、生成ははっきりしていないが二重カルデラという世界でも2つしかない珍しい湖。面積は国内12番目の61.0㎢、最深部の深さは田沢湖、支笏湖についで3位の327m。

1

十和田湖には中山半島と御蔵半島という2つの半島があり、その半島にはさまれた入江が中湖(なかのうみ)と呼ばれており、最も深い地点はそこにあるそうだ。

約1時間で子ノ口に到着。子ノ口は、奥入瀬川の流出口にあたり、ここから下流の焼山までが奥入瀬渓谷として遊歩道が整備されたハイキングコースとなっている。
われわれはここから途中の石ケ戸まで約2時間半を歩く予定。

1_2 しばらく水門までの間は、あまり綺麗な景色ではないが3分ほどたって水門を越えると次第に緑が深くなってくる。アップダウンはあまり無く、車道からは木立を隔ててすぐの遊歩道を30分ほど歩くと、幅の広い銚子の滝に到着する。それまではあまり歩く人がいなかったが、さすがにこのあたりになると人が増えてくる。この銚子の滝からしばらくが両側に滝がいくつも出てくる奥入瀬のメインパートである。

2007年8月26日 (日)

夏休み 北東北旅行・3

ねぶたの里を出て一路八甲田に向かいます。残念ながら時間も遅くなって八甲田ロープウェイに乗ってもとんぼ返りになってしまうので、目的地を変更。新田次郎の「八甲田山死の彷徨」と、それを元にした映画「八甲田山」の「天は我を見放した」というセリフで有名になった遭難現場へ向かう。Photo

山道を登り、直進すれば八甲田ロープウェイの乗り場に着く道から左に分岐、しばらく走ると銅像茶屋という店がある。八甲田雪中行軍遭難の碑は、そこへ車を止めて数分登ったところにあり、遊歩道は整備され階段がつけられていた。
銅像は、遭難を知らせるために立ったまま仮死状態で発見された後藤伍長の像で、後藤伍長は映画では江藤伍長として新克利が演じていた。
 後藤伍長は、その後蘇生したが両手両足を切断したものの、事件から22年間生きることができた。

再び国道に戻り、ロープウェイの乗車口を通り過ぎ南下。ちょっとわき道にそれて1㎞ほど走って、城が倉大橋を見てくる。

国道394号に架かる城ヶ倉大橋は、全長360m、アース支間長255mを誇る日本一の上路式アーチ橋。緑深い谷間にかかる姿は非常に美しい橋である。

城が倉大橋を最後に十和田湖に向かう。途中には湯治場として有名な酸ヶ湯などの八甲田温泉郷や、奥入瀬渓流探勝の下流側の入口にある十和田温泉郷をぬけ、十和田湖東の子ノ口に到着。1

子ノ口からは十和田湖東南岸に沿って今日の宿の十和田荘に到着。十和田荘は十和田湖岸で最も賑やかな休屋にあり湖岸からは少し山に入った所にある。部屋からは湖は見えないが、その分安い。日曜とはいえ夏休みのお盆の翌週で1泊2食つきで9000円台という観光地の温泉旅館としては非常にリーズナブルだ。予約の確認でちょっとしたトラブルはあったものの部屋も小綺麗、食事も十和田湖の名物であるひめますの刺身もついていた。

明日は、いよいよ奥入瀬のハイキング。曇りのち雨という天気が心配である。

2007年8月25日 (土)

更新情報8/25

ベーシストの休日 8月25日更新情報です。

今日は、ワーグナーの歌劇「リエンツィ」序曲をアップしました。
「リエンツィ」という歌劇はワーグナーの初期の出世作。オリジナルは4時間半を越える超大作なので現在はカットされて2時間半程度で上演されるそうです。まだ、国王にへつらう姿はなく、この歌劇も題材は民衆の支持によって護民官となったローマの英雄リエンツィが貴族の姦計や民衆の裏切りにより没落していくという話し。

ワーグナーの管弦楽曲は、後期の「指環4部作」「パルジファル」などはワーグナーチューバなど特殊な楽器が登場したりするために、なかなかアマチュアでは扱いにくいですが、「マイスタージンガー」「タンホイザー」「ローエングリン」「さまよえるオランダ人」などはアマチュアオケでよく扱われ曲を多く含んでいます。「リエンツィ」はこれらの曲よりは知名度は低い上、ワーグナーらしさという点ではまだ未完成の部分があり、どちらかというと後期ロマン派音楽の延長線上という雰囲気のため、あまり人気は高くありません。

コントラバスにとっては、ワーグナーの曲は面白いかつまらないか かなり極端です。演奏していて面白くないのは「オランダ人」序曲、「タンホイザー」序曲、「ローエングリン」第1幕への前奏曲など。面白いのは「マイスタージンガー」の前奏曲、タンホイザーの行進曲、そしてこのリエンツィの序曲です。
トランペットのクレッシェンドの長い音と、弦楽器のかけあいからはじまり、基本的には2つのメロディが綾なして進んでいく曲で非常に伸びやかで、ワーグナー音楽の片鱗は覗かせている曲。個人的に好きな曲なので、「マイスタージンガー」の前奏曲に続いて2曲目のワーグナー作品としました。

次のオーケストラ曲は、小曲と新世界より 以来の交響曲をやろうと思っていますがまだ決めていません。
小曲は、エルガーの「愛の挨拶」を作成中です。

2007年8月24日 (金)

夏休み 北東北旅行・2

8月19日、午後11:50ごろ青森到着。青森は、北海道へ行った時に幾度と無く通った駅ですが、大体は駅の前方から青函連絡船に乗車、後方から駅の外に出ることは非常に少なく実に2度目。駅近くで予約していたレンタカーを借りて、まずは三内丸山遺跡をめざします。駅近辺の繁華街を抜けると程なく丘陵の道へ、15分程度走って遺跡到着。Photo_2
三内丸山遺跡は、公園として無料開放されている縄文時代の遺跡。復元した竪穴式住居や出土された数々の土器、石器、土偶などの展示、さらに、5つ程の小さなドームがあり、その中では発掘されたそのままの住居の柱の跡やお墓などが保存されています。

我々が学校で教わった縄文時代は、米の生産がはじまり定住する前、食べ物を食べつくすと移動するという非常に貧しい生活をしていた時代と言われていましたが、最近の研究では、現在の何倍、何十倍もの動植物などの自然の恵があり、我々が考えているより遥かに豊かな生活をしていたと言われています。勿論、医学などは発達していなかったため寿命は極端に短かったのは確かですが、その短い生命を得ている間は我々に比べれば遥かに人間らしい生活をしていたと言えるでしょう。

三内丸山遺跡から車で30分ほどで「ねぶたの里」に到着。ここには、ねぶた祭りで使われた実際のねぶたが展示されており、ねぶたの曳行のデモンストレーションも行われていました。2

ねぶた祭りは(ねぷたという地区もある)青森県各地で行われている祭り。起源は、初代征夷大将軍の坂上田村麻呂が蝦夷に遠征した際に、相手を油断させるため太鼓・笛や大燈籠で囃し立てた事と言われています。ねぶたは数千万円するものもあるそうで、しかも毎年の使い捨て。青森市民がその時に燃えるのもわかるような気がしますね。

2007年8月23日 (木)

夏休み 北東北旅行・1

8月19日(日)から22日(水)の4日間、北東北に家族旅行に行ってきました。
北東北は、JR全線乗車に残り2区間(岩泉線全線と男鹿線前線)というぐらい何回も行っている場所ですが、今回はそんな中で今まで行っていないところを落穂ひろいのような形で、しかも家族が飽きないように有名どころをおさえながら巡っていこうと思ってルートを作りました。
概略ルートは以下のとおりです。

【1日目】新幹線と在来線特急を乗り継いで青森へ。青森でレンタカーを借りて、三内丸山遺跡とねぶたの里を回って、八甲田、十和田湖へ
【2日目】午前中奥入瀬をトレッキング、午後弘前を回って大鰐温泉へ
【3日目】午前中白神山地ガイドツアー、午後男鹿へ
【4日目】男鹿半島を観光して、午後角館、田沢湖、秋田空港から最終便で羽田へ戻る

天気予報では、東北は4日間とも雨がちの天気。さすが雨男の面目躍如たるもので(うれしくは無い)今回トレッキングが多いので天気悪かったら行く所が無くなる。。。という心配をしながらの出発でした。
朝6時30分に家を出発、新幹線は大宮からの乗車にしてあるので朝食は有名な大宮のエキナカの予定・・ところが出発がちょっと遅れ、パンを買って新幹線の中で食べる事に変更。

東北新幹線「はやて」に乗車、八戸まで約2時間40分、八戸から函館行きの特急「白鳥」に乗り換えて青森着11:50過ぎ。自宅から5時間20分ぐらい、私が鉄ちゃんやっていた頃に比べれば早くなったなあ。
Photo
昔は、青森-東京といえば、寝台特急の「ゆうづる」は「はくつる」、急行の「十和田」「八甲田」、奥羽本線まわりの「あけぼの」、急行「津軽」などの夜行で10時間以上を使う事が殆どでした。昼間の特急「はつかり」などの乗るとほぼ1日がつぶれてしまう。今は、朝出ればお昼に到着。。。近くなりました。

A.I.O管弦楽団 第1回演奏会

8月18日私の卒業した高校のオーケストラのごく最近卒業した若手OB・OGの第1回目の演奏会に行って来ました。19日早朝から旅に出ていたので、遅くなりましたが感想などをつらつら。全体のOB演奏会は昨年40周年という事で実施されております。

場所は四谷区民ホールという400人程度の小さな小屋。編成は、2管編成(一部ダブルあり)、弦楽器は10型もどき?か12型もどき?。曲は、ワグナーの「マイスタージンガー」前奏曲、ブラームスのハンガリー舞曲1,5,6番、ベートーヴェンの交響曲第7番。

前半は2階席、後半は1階席の2列目で聞いていました。2階席はこの大きな編成だと管楽器がワンワンいって弦も木管も聞き取りにくい。反響した音がグルグル回っている感じでした。1階の前はさすがに弦の直接音が聴こえてくるのである程度バランスは保たれていました。ちょっと、この編成ではこのホールは難しいかも。もう少し小さい編成でないと聞きづらさを感じました。

ます「マイスター」ですが、この曲は高校の入学式で毎年弾いている曲(但し抜粋)なので慣れた感じでしたが、毎年割愛されている中間部分(ここはアンサンブルも難しい)は、ちょっと音程も、アンサンブルも不安定だったと思います。後半からコーダにかけてが出来が良かっただけに惜しい気はしました。

ハンガリー舞曲は良く知られている3曲でしたが、全体的にゆったりめのテンポの中で演奏自体がかなり重たい感じがしました。マイスターとかメインのベト7とは異質の音楽であり、個々の音楽づくりがまだ未熟という感じは否めませんでしたが、年齢から言っても多くを要求するのは無理かな。そうだとすれば、もっと若さを前面に出して乱れても良いから弾むような演奏をした方が、聴く側の心を動かすことができたのではないかと思います。重く感じた原因は、リズムパートの重さが一番だったと思います。そのためにちょっと腰を引いた踊りになってしまった感じでした。もう少し頭打ちが前に向いた演奏をすれば、メロディが多少遅れてもダンスに乱れは出ないので、そのあたりでベートーヴェンを演奏する時とは全く異なった音楽づくりを学んでいく必要があると思います。ダイナミックレンジももう少し広く取った方が良かったかな。まあ、アンコールでよく使われる曲をプログラムの中に組み込む難しさもあったかもしれません。

ベト7は、練習量や第1回という事を考え合わせると思った以上の完成度だったと思います。ハンガリー舞曲やワーグナーなどでテンポのゆったりとした部分で乱れがあったので、第2楽章あたりが厳しいかなと思って聴いていたのですが、全く問題無かったですね。若々しく覇気ある演奏でした。特に最終楽章はオケ全体が良く鳴っていました。ふたつだけ注文をつけるとすると、第1楽章の付点八分音符+十六分音符+八分音符のリズムが甘かった。他の楽章でも同様ですがちょっとリズムに鋭さが無かったです。完全に三連符系になってしまうところもありました。もうひとつは、第1楽章の導入部の弦楽器のスケールは、ちょっと音程悪すぎ。基本なのでもう少し合わせて欲しかったです。

辛口の事も書きましたが、これからの可能性が大きいオケなので期待しています。
もう少し年齢の高い経験豊富なOBの助言や助力が不足部分を補えると思います。

いずれにしても、今後も期待しています。継続してください!

2007年8月12日 (日)

更新情報 8/12

ちょっとサボリ気味ですが・・・・更新情報です。

リストの愛の夢第3番をオーケストラ編曲したものをアップしました。
リストの数多いピアノ曲の中でも最も愛されている曲で、メロディラインはそれ程難しくないのですが、技巧的にはリストらしい難しさがちりばめられた曲のようです(ピアノ弾けないので・・・)

原曲は、歌曲の「愛し得る限り愛せ」で、愛の夢は3曲とも 歌曲からリスト自らがピアノ曲にしたものです。リストマニアという映画でロック歌手のリック・ウェイクマンがアレンジした曲も非常に印象的でした。

この曲はイージーリスニングとしても編曲されていますが、大体はハープで左手のアルペジオを表現します。この編曲ではごく普通のオーケストラ編成(ただしピッコロは2本使っていますが)でアレンジしました。ピアノで表現できない長い伸ばしの音もできるだけ排除して、比較的原曲に忠実にアレンジしてあります。

2007年8月 5日 (日)

更新情報 8/5

8月4日分の更新情報です。

Midi素材に ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」の第1楽章をアップしました。
ベートーヴェンの5つのピアノ協奏曲(ヴァイオリン協奏曲をピアノ用に編曲したものを除く)の最高峰の第5番は、スケールの大きさからも古典派~前期ロマン派を通じて最強のピアノ協奏曲と言える作品だと思います。
そんな曲を素材にするという滅茶苦茶な試みです。ピアノを使わず、アコースティックな楽器と電子的な音色を使って第1楽章の第1主題と第2主題のほんのさわり程度をアレンジしてみました。勿論、冒頭の壮大なカデンツァは無視、ちょっとだけポップな雰囲気でアレンジしてあります。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »