ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年1月20日 (月)

今日の音楽 1月20日 ターミネーター2

1991年の日本での映画興行収入ランキング第1位はターミネーター2でした。

前作のターミネーターは、人工知能スカイネットに人類が支配された近未来で、スカイネット指揮する機械軍に対抗するジョン・コナーが指導する反乱軍の攻撃を脅威に感じたスカイネットが、アンドロイド(ターミネーター)を過去に派遣してジョン・コナーの誕生を阻止するために母親であるサラ・コナーを抹殺しようとします。それを護衛するためにジョン・コナーがカイル・リースという兵士を派遣し、ターミネーター対カイル、サラという戦いを描いたストーリーでした。その間に愛し合ったカイルとサラの間に生まれた子供がジョン・コナーであったという、タイム・パラドクス感満載のオチもありました。ジェームズ・キャメロン監督と主演のアーノルド・シュワルツェネッガーの出世作ですが、制作費は640万ドル、全世界での興行収入は7,800万ドルと成功を収めて、第2弾が制作されたわけです。

ターミネーター2では、第1作で敵役であったシュワルツェネッガー演じるターミネーターT-800が、再度スカイネットによって送り込まれた新型ターミネーターT-1000からジョンとサラーを守るために再プログラミングされて未来のジョン・コナーから送り込まれるというストーリーで、制作費は1億200万ドル(前作の17倍)、興行収入は5億2000万ドルという大ヒットを記録しました。

音楽はターミネーターが出世作となったブラッド・フィーデル。パーカッションのクレッシェンドから始まりホルンへと繋がるイントロはワクワクものでした。

2020年1月19日 (日)

今日の音楽 1月19日 ラブ・ストーリーは突然に

ネタは1991年になります。ちょうど仕事で岐阜に住んでいたい頃です。

邦楽の年間ランキング第1位は小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」でした。

6枚目のシングル「Oh!Yeah!」とのカプリングの両A面シングルで、フジテレビ系のドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌として起用され大ヒットしました。ギターのカッティングによるイントロがとても印象的な曲です。

2020年1月18日 (土)

今日の音楽 1月18日 交響曲第1番「エレミア」

バーンスタインの交響曲第1番「エレミア」は1944年1月18日にバーンスタイン自身の指揮ピッツバーグ交響楽団の演奏で初演されました。

バーンスタインが無名時代に作曲コンクールに提出して落選した曲ですが、フリッツ・ライナーに気に入られ初演が実現しました。父サミュエル・バーンスタインに捧げられています。ユダヤ系のバーンスタインが旧約聖書を意識して作曲したもので、終楽章では旧約聖書のエレミアの哀歌をメゾ・ソプラノの独唱に引用し、全曲を通してヘブライ式の聖書詠唱の旋律を動機として使用しています。

預言、冒涜、哀歌の3つの楽章からなっています。まあ聖書の詠唱とか言われてもユダヤ教に詳しくない私にとってはピンとは来ませんが。。

2020年1月17日 (金)

今日の音楽 1月17日 壊れかけのRadio

1990年の邦楽ランキング第23位は徳永英明の「壊れかけのRadio」でした。

前作の「夢を信じて」に続くシングルで、ドラマ「都会の森」の主題歌に採用されました。久々の作詞作曲両方を手がけた曲です。
子供時代から思春期を経て大人になって純粋な少年から複雑な社会へ出ての葛藤を、少年時代に聴いていたラジオから何も聞こえなくなってきたという変化を壊れかけのradioに例えて歌った切ない曲です。

2020年1月16日 (木)

今日の音楽 1月16日 田園交響曲(ヴォーン=ウィリアムズ)

ヴォーン=ウィリアムズの交響曲第3番「田園交響曲」は1922年1月16日にエイドリアン・ボールトの指揮でロンドンで初演されました。

第一次大戦従軍中にラッパ吹きがオクターブの音程を間違えて7度音程で吹いていたところから発想を得た曲で第2楽章のナチュラルホルンのソロに活かされています。また、4つの楽章を通してテンポが速いのは第3楽章のコーダだけで、あとはモデラートやレントといった速度で統一されています。

田園交響曲というタイトルが付けられていますが、ベートーヴェンの田園のような具体的な田園風景を描いたものではなく曲調は印象派的な部分もあり、終楽章にはソプラノのヴォカリーズが加わります。

どちらかといえば、対戦中に働いていた野戦病院から見るフランスの田園風景からの着想で追悼の意味合いも感じられる曲です。

«今日の音楽 1月15日 組曲「道化師」