ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2019年5月19日 (日)

今日の音楽 5月19日 長い夜

1981年の邦楽ランキング第5位は、松山千春の「長い夜」でした。

松山千春は北海道足寄町生まれのフォーク・シンガー。1977年に「旅立ち」でデビューし「季節の中で」で初のオリコン1位になった松山千春の最大のヒット曲が「長い夜」でした。

 

2019年5月18日 (土)

今日の音楽 5月18日 ニューヨーク・シティ・セレナーデ

ニューヨーク・シティ・セレナーデ Arthru's Theme クリストファー・クロス 1981年Billboard年間ランキング64位 最高位1位

1981年の映画「ミスター・アーサー」の主題歌でアカデミー最優秀歌曲集を受賞しています。映画はニューヨークの遊びまわっていた大富豪の御曹司アーサー・パックが、逆らえば遺産を相続させないと命じられた政略結婚を渋々承諾したものの、街で出会ったリンダという女性に恋をしてしまうという内容のコメディ映画。クリストファー・クロスはAORを代表するシンガー・ソングライターでした。

2019年5月17日 (金)

今日の音楽 5月17日 カヴァレリア・ルスティカーナ

マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」は1890年5月17日にローマのコンスタンツィ劇場で初演されました。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」は19世紀末から20世紀にかけてイタリアで隆盛したヴェリズモ・オペラの代表作です。イタリアの小説化ヴェルガの同名小説に基づく戯曲を1幕もののオペラにした作品で、題名は「田舎の騎士道」というもの。シチリアの田舎の男女間の三角関係と復讐劇といった内容で、ヴェリズモ・オペラらしい三面記事的な内容です。

内容は、結構くだらないものですが、音楽はとても素晴らしい。というのがヴェリズモ・オペラの特徴で特に場面転換の時に演奏される間奏曲は単独でも演奏されます。

間奏曲の原曲はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦4部とオーボエ、ハープにad libのオルガンだけ。最後の和音だけピッコロとフルートとクラリネットがほんの4~5秒程度演奏という、単独で演奏するには?の編成です。そこでオルガンのパートをコントラバスやオーボエ以外の管楽器が代奏することで演奏会曲目として使っているわけです。コントラバスはオルガンのペダルを担当するわけで、名曲なのですがあまり演奏したい曲ではありません。それでも3回か4回は演奏させられていますが・・・

2019年5月16日 (木)

今日の音楽 5月16日 ニューヨークの少年

ニューヨークの少年 The Boy from New York City  マンハッタン・トランスファー 1981年Billboard年間ランキング36位 最高位7位

マンハッタン・トランスファーは1975年にデビューしたジャズ・コーラス・グループ。1979年にテレビ番組「トワイライト・ゾーン」のテーマ曲をディスコ調にしてカバーしてヒットし注目を浴びました。1981年に「バードランド」がヒットしてグラミー賞最優秀ジャズ・フュージョン・ヴォーカル賞などを獲得し、81年から82年にかけて、この「ニューヨークの少年」が大ヒットし、2年連続のグラミー賞を受賞しています。

 

2019年5月15日 (水)

今日の音楽 5月15日 プルチネルラ

ストラヴィンスキーのバレエ「プルチネルラ」は1920年5月15日にパリ・オペラ座でバレエ・リュスによって初演されました。指揮はアンセルメでした。

ストラヴィンスキーが新古典主義の作風をとっていた時期の作品で、バレエ・リュスのディアギレフの依頼でペルゴレージの音楽に基づいた作品という事で依頼されて作曲されました。作曲と言ってもペルゴレージの音楽は編曲に近いもので、ディアギレフの要望とは異なる小編成で作曲されています。また、衣装・舞台セットのデザインをパブロ・ピカソが担当しており、何とも贅沢なバレエになって、パリの聴衆から大絶賛を受けました。

全曲版は18曲からなりクラリネットを除く2本ずつの木管楽器、ホルンとトランペット、トロンボーン各1、弦楽器5部の独奏と第1第2ヴァイオリン各4、ヴィオラ3、チェロ、コントラバス各3にソプラノ、テノール、バスの独唱という編成で35分程度の長さです。
1924年に編曲され1947年に改訂した組曲版は8曲で23分程度。上記編成から独唱を除いた編成です。

コントラバスはとっても難しい曲・・・らしいです。やった事無いので・・・

«今日の音楽 5月14日 ショッキング・ビートルズ