ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

2024年2月26日 (月)

2月26日 名曲100選 協奏曲篇・26 ピアノ協奏曲第4番(ベートーヴェン)

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番ト長調op.58は1805年から1806年にかけて作曲されました。
従来の協奏曲ではオーケストラは独奏楽器の伴奏に重きが置かれていましたが、この曲ではピアノとオーケストラの対話のような曲作りも取り入れています。そのため、当時はまだ音量の小さかったピアノのために第1楽章ではトランペットとティンパニ無し、第2楽章は弦楽合奏のみとオーケストラの音量を制限したつくりになっています。
第1楽章 Allegro moderato  協奏的ソナタ形式。冒頭にピアノがいきなり主題を演奏して始まります。第3番のピアノ協奏曲では従来の協奏曲のようにオーケストラが第1主題、第2主題を提示した後111小節目になってようやくピアノが出て来る形なのでまるっきり異なる形になっています。続く第5番ではオーケストラの和音の強奏の後、2小節目からピアノのカデンツァが出るという具合に、それぞれの曲に工夫が凝らされています。
第2楽章 Andante con moto 自由な形式。前述のように弦楽合奏とピアノだけの楽章。しかも弦は低音のユニゾンという風変わりな楽章です。
第3楽章 Rondo vivace  ロンド形式。第2楽章とは打って変わって軽快な音楽で始まる楽章。
1回だけ演奏したことがありますが、見た目と違って結構難しい曲でした。

2024年2月25日 (日)

2月25日 名曲100選 舞台芸術のための管弦楽曲篇・25 前奏曲と愛の死

ワーグナーの楽劇「トリズタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死は、「トリスタンとイゾルデ」の前奏曲と楽劇の最後の曲でイゾルデのアリアである「愛の死」を声楽を省いて繋げて演奏する曲です。
「トリスタンとイゾルデ」は中世ケルトの説話を元にワーグナー自身が台本を書いて作曲した楽劇です。
コーンウォールのマルケ王に嫁ぐアイルランドの王女イゾルデを迎えに行った船の舵取りでマルケ王の甥トリスタンはイゾルデの元婚約者を殺した仇で、侍女ブランゲーネに毒薬を用意するように命じます。トリスタンは毒薬の入った杯を飲み、イゾルデも自分も死ぬつもりで飲むが、実はその薬はブランゲーネが媚薬とすり替えたもので、ふたりはたちまち恋に落ちてしまいます。
不実を犯したトリスタンをマルケ王の従臣に襲われ瀕死の重傷を負いイゾルデの腕の中で息を引き取り、イゾルデも遺骸の上に崩れ落ちてしまいます。という内容。
前奏曲は、作品の主要動機がいくつか紹介されていきます。始まってすぐに出て来るFB♭D#G#の和音がトリスタン和音と呼ばれるもので、劇中のあちらこちらで現れてきます。それに続いてチェロによって優しいメロディ「眼差しの動機」が奏でられ、その後も様々な動機が登場してオペラではそのまま第1幕へと入っていきますが、演奏会用の「前奏曲と愛の死」ではチェロとコントラバスの斉奏及び2発のピッチカートの後「イゾルデの愛の死」が始まります。オペラでは最後にイゾルデが死んでしまうかどうか明白にされていないため演出によって異なりますが、最後に登場する愛の死のメロディはワーグナーの音楽の中でも最も劇的なもののひとつでしょう。

2024年2月24日 (土)

2月24日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・25 Shall We ダンス?

「Shall we ダンス?」は1996年に公開されたロマンティック・コメディドラマ映画です。
監督・脚本 周防正行、主演 役所広司、その他草刈民代、原日出子、竹中直人、田口浩正などが出演しています。
社交ダンス教室を舞台にしたドラマで日本アカデミー賞独占をはじめ数々の映画賞を受賞、海外でも高い評価を受け、特にアメリカでは200万人の動員で当時のアニメ映画を除くアメリカでの日本映画の興行収入記録を作りました。また、2004年にはリチャード・ギア、ジェニファー・ロペスらが出演した「Shall We Dance?」がリメイクされました。
音楽は周防監督の従兄周防義和が担当。主題歌は、ミュージカル「王様と私」の「Shall we dance?」を大貫妙子がカバーしたものでした。
日本アカデミー賞では当時の外国作品映画賞以外13部門すべてを受賞しており、これは今でも破られていない記録です。
最優秀作品賞他、主な受賞者は監督賞、脚本賞 周防正行、主演男優賞 役所広司、主演女優賞 草刈民代、助演男優賞 竹中直人、助演女優賞 渡辺えり子となっています。

2024年2月23日 (金)

2月23日 名曲100選 器楽曲篇・25 楽興の時

シューベルトの楽興の時D780は、1823年から28年にかけて作曲された6曲のピアノ曲集です。全曲演奏で30分程です。
第1番ハ長調 Moderato 4分の3 三部形式  装飾音を多く使った変化のある曲調と両手で三連符を弾く静かな中間部からなる
第2番変イ長調 Andantino  8分の6拍子 ロンド形式  シチリアーノのリズムを基本とした穏やかな主部に短調のパートが2度挿入されます。2度目はかなり激情的な音楽になっています。
第3番へ短調 Allegro Moderato  4分の2拍子 三部形式 最も有名な曲でNHKラジオの「音楽の泉」の主題曲として使われるなど、様々なところで使われています。
第4番嬰ハ短調 Moderato  4分の2拍子 三部形式 単調な伴奏で無窮動風の旋律が奏でられます。中間部は伸びやかになっています。
第5番へ短調 Allegro vivace  4分の2拍子 三部形式  行進曲風の主題。転調が多い曲です。
第6番変イ長調 Allegretto  4分の3拍子 三部形式 間奏曲風の音楽。非常に遅いテンポで演奏する事を好むピアニストもいます。

2024年2月22日 (木)

2月22日 名曲100選 海外のポップス篇・25 恋にノータッチ

「恋にノータッチ」(Never Gonna Fall in Love Again)はエリック・カルメンが1976年にリリースした曲でBillboard Hot100で第11位を記録した曲です。
エリック・カルメンは1971年からラズベリーズを結成して数々のヒット曲を出し、1974年解散後ソロ活動を開始し1976年に3曲目のシングルとして発売したのが「恋にノータッチ」でした。
クラシック音楽を学んでいたエリック・カルメンが好きだった作曲家ラフマニノフの交響曲第2番の第3楽章の第1主題のメロディをサビの部分に引用しています。デビューシングルの「オール・バイ・マイセルフ」でもラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を引用していますので、本当にラフマニノフが好きだったのでしょうね。おまけで引用されたラフマニノフの交響曲第2番の第3楽章冒頭部分を「恋にノータッチ」の下に張り付けておきます。

 

«2月21日 名曲100選 声楽曲篇・25 マタイ受難曲