ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2024年6月19日 (水)

6月19日 名曲100選 声楽曲篇・42 カロ・ミオ・ベン

カロ・ミオ・ベン(Caro mio ben)はトンマーゾ・ジョルダーニが作曲したイタリアの歌曲で、作詞者は不詳の作品です。
どうやら、作曲者ジュゼッペ・ジョルダーニというのが通常の情報のようですが、どうやらこれは誤りでトンマーゾが正しいようです。
音楽の教科書にも掲載され、声楽を志す者のほとんどが歌った事のある曲です。
日本訳では「つれない女」という訳もあるようですが、正しく訳すと「いとしい女(ひと)よ」という意味の、愛する女性に自分の事を想ってくるように願う歌です。

2024年6月18日 (火)

6月18日 名曲100選 J-POP、歌謡曲篇・42 北国行きで

以前、しばたはつみの「マイ・ラグジュアリー・ナイト」の項で、技術、表現力、声量を備えた女性ボーカリストで名前を挙げたひとりが朱里エイコでした。
オペラ歌手と舞踏家を両親に持っていた朱里エイコは18歳で単身渡米してラスベガスやニューヨークなどアメリカ各地のホテルやナイトクラブで活動し1966年に帰国しましたが、彼女の持ち味が行かせるほど日本の音楽シーンは進んでおらず、1969年に再度渡米してラスベガスなどのショーで成功し1971年に一時帰国。今度は1972年に発売した「北国行き」が大ヒットして人気を得ることができて、アメリカから正式に帰国しました。
1972年に交通事故で頸部外傷を負って一時心身が不安定な状態になりましたが、その後ステージを中心に活躍するようになりました。
ただ、1970年代はアイドル全盛で実力があっても評価されない時代が続き苦悩の日々が続きましたが、活動は続けました。
残念ながらしばたはつみ同様2004年7月に虚血性心不全のため58歳で亡くなりました。
「北国行きで」は、次の北国行の列車で、恋人と彼と暮らした街に別れを告げるという曲です。

2024年6月17日 (月)

6月17日 名曲100選 協奏曲篇・42 オーボエ協奏曲(チマローザ)

チマローザは18世紀イタリアの作曲家で、オペラ・ブッファで人気を博した作曲家です。
1787年にはロシアのエカテリーナ2世の招きでペテルブルクへ赴きましたが、満足な演奏家もいなかったために契約満了で帰国。1791年にはレオポルト2世の招きでサリエリの後任としてウィーンの宮廷楽長になり、代表作オペラ「秘密の結婚」を作曲しましたが、翌年レオポルト2世が没し宮廷楽長や作曲家の重要性が薄れたためナポリに帰国しています。
その後ナポリで共和政がひかれた時に、新時代を讃える曲を作曲したため王政復古後反逆者として逮捕され、追放処分となり、その過労などでヴェニツィアで51歳で亡くなっています。
オペラ以外ではあまり曲が残されていませんが、イギリスの作曲家アーサー・ベンジャミンが32曲のチェンバロのためのソナタから4曲を選んでオーボエ協奏曲に仕立てた曲が「チマローザのオーボエ協奏曲」として有名になりました。
チェンバロソナタの第29番ハ短調、第31番ト長調、第23番イ短調、第24番ハ長調の4曲で、教会ソナタ形式の緩急緩急の4つの楽章になっています。

2024年6月16日 (日)

6月16日 名曲100選 舞台芸術のための管弦楽曲篇・41 ペネロープ前奏曲

フォーレの楽詩劇「ペネロープ」は1913年に初演されています。
「ペネロープ」は古代ギリシアのホメロスの叙事詩「オデュッセイア」を基にした作品で、ペネロープは英雄オデュッセウスの妃の事。トロイア戦争で離れ離れになったオデュッセウスとペネロープが紆余曲折の後、無事に再会する話です。
前奏曲は離れ離れになった夫婦の2つの主題によって構成されます。最初にペネロープの主題が現れ様々な動機と組み合わされます。続いてオデュッセウスの主題が力強く奏でられますが、展開部ではペネロープと求婚者の対立と煩悶が表現され、静かに第1幕へ入っていきます。

2024年6月15日 (土)

6月15日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・41 ルージュの伝言

「ルージュの伝言」は1975年に荒井由実5枚目のシングルとしてリリースされた曲でした。
1989年公開のジブリ映画「魔女の宅急便」も他のジブリ作品同様久石譲が音楽を担当しましたが、久石自らのアルバム制作とスケジュールが重なっていたため、松任谷夫妻に白羽の矢が立ったのですが、アニメの音楽制作に難色を示し(正隆氏はジブリ作品の音楽制作は荷が重いという事だったそうです)たため、苦肉の策で荒井由実の既存楽曲を使用する事になり、オープニング「ルージの伝言」、エンディング「やさしさに包まれたなら」が採用されたそうです。
「魔女の宅急便」は、魔女の卵キキが、正式に魔女になるための修業としてやって来たコリコの街でおソノが経営するパン屋に住み込んで、自分の魔法を活かして宅急便を始めますが、やがて魔法の力を失って飛べなくなってしまいます。森の中で暮らす画家のウルスラや友人のトンボの手助けもあって魔法を力を取り戻すという話です。
「ルージュの伝言」はコーラスに山下達郎、大貫妙子、吉田美奈子など豪華歌手が参加しています。

«6月14日 名曲100選 器楽曲篇・41 夢