ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2019年12月15日 (日)

今日の音楽 12月15日 魔女の宅急便

このあたりは映画も音楽もあまり見たり聞いたりしていなかった頃なので、とっとと時間は進んで行きます。1989年に入ります。
1989年の最大の出来事は正月早々の昭和天皇ご崩御で昭和から平成になった事。そしてベルリンの壁崩壊と冷戦体制の終結という内外ともに大きな節目の年でした。

1989年の映画興行収入第3位は「魔女の宅急便」でした。角野栄子の児童文学を基に作られた作品で、前興業的には失敗に終わった「となりのトトロ/火垂の墓」の3倍の配収を記録しています。

「田舎から都会に出てきた一人の少女が成長する姿」をテーマにした作品に仕上げています。魔女になる修行のために海辺の町コリコに住んだキキはほうきに跨って空を飛ぶ能力を生かして宅急便を始めますが突然魔力を失い森の中をさまよっている時に、自立した女性ウスルラの励ましを受けながら仲良しの男の子トンボの危機を救うための火事場の馬鹿力で魔力を取り戻すというストーリー。宅急便がヤマト運輸の登録商標だったため、ヤマト運輸の協力を得て

音楽は久石譲。オープニングとエンディングのテーマ曲として、荒井由実の「ルージュの伝言」と「やさしさに包まれたなら」が使われてリバイバル・ヒットしています。

 

2019年12月14日 (土)

今日の音楽 12月14日 バッハの主題による変奏曲とフーガ(レーガー)

レーガーのバッハの主題による変奏曲とフーガ ロ短調op.81は1904年12月14日に初演されました。

レーガーは19世紀末から20世紀にかけて活躍した作曲家、ピアニスト、オルガニストです。作曲家としてはオルガン曲が知られていますが、交響曲と歌劇を除くあらゆる分野で作品を残した作曲家です。作風はベートーヴェン、ブラームスに連なる古典的な構成に当時のドイツ音楽の拡張された和声やバッハの複雑な対位法を組み合わせたものでした。

とりわけバッハを尊敬しており、このバッハの主題による変奏曲とフーガの他に、オルガンのためのB-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガという曲も作曲しています。こちらの方は、バッハの曲を変奏したものではなく、B(シ♭)-A(ラ)-C(ド)-H(シ)という所謂BACH主題を変奏したもので、バッハ自身もフーガの技法で使っていますし、リスト、リムスキー=コルサコフなど多くの作曲家がこのBACH主題を使った曲を作曲しています。

バッハの主題による変奏曲とフーガは、バッハの実際の作品カンタータ第128番「ただキリストの昇天によりてのみ」の中の二重唱「神の全能の力は計り知れず」から取られたものです。主題と14の変奏、フーガからなる30分程かかる大規模な変奏曲で複雑な対位法や多用な性格変奏が用いられ、フーガは四声の二重フーガとなっています。

2019年12月13日 (金)

今日の音楽 12月13日 交響曲第3番(ハチャトゥリャン)

ハチャトゥリャンの交響曲第3番ハ長調「シンフォニー・ポエム」は1947年12月13日にムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルの演奏で初演されました。

ロシア革命30周年記念のために書かれた曲で、タムタムとトランペットのファンファーレで華々しく始まり、オルガンが登場し・・・という25分ほどの単一楽章の曲。

3管編成ではありますが、オルガンや15本のソロトランペットが登場する事もあり、地方では演奏できない、と共産党に怒られたそうです。

2019年12月12日 (木)

今日の音楽 12月12日 キキーモラ

リャードフの管弦楽のための民話「キキーモラ」op.63は1909年12月12日にジロディの指揮でサンクト・ペテルブルクで初演されました。

ロシア民間説話から採られた作品。キキーモラは岩山に住む魔法使いの許で育っている幻獣。働き者には願いをかなえ、怠け者は食ってしまうといわれています。容姿も性格も複数の説があるようで、リャードフの描いたキキーモラは、まだ子供のキキーモラをあやすおしゃべり猫や水晶のゆりかごなどが表現されています。

2019年12月11日 (水)

今日の音楽 12月11日 AMBITIOUS

1988年の邦楽年間ランキング第47位はハウンド・ドッグのAMBITIOUSでした。

日本テレビ系の「チョモランマがそこにある」の主題歌で、ハウンド・ドッグ13枚目のシングル。
「出来るまで何度も飛ぼうとした翼をなくしていないか?」「つまらないことで壁にぶつかりため息をついていないか?」「届くまで腕をのばしてみた太陽は見えているか?」「やりたいことがわかっているのにはじめてないんじゃないか?」・・・

人生の応援歌です。Chanceはつかむしかない。自分のすべてがわかるまで心を燃やした夢は終わらないと締めくくっています。
ハウンド・ドッグは大友康平と他のメンバーの確執があり現在は大友康平ひとりのバンドになってしまっていますが、とても残念です。

«今日の音楽 12月10日 交響曲第4番「法悦の詩」