ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2020年11月25日 (水)

今日の音楽 11月25日 カンタータ第140番

バッハのカンタータ第140番「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」BWV140は1731年11月25日に初演されました。

三位一体節第27日曜日用の作品として作曲されたもの。「コラール・カンタータ」形式によって作曲され、コラールはフィリップ・ニコライという作曲家のコラールを第1曲、第4曲、第7曲に用いています。

第4曲のコラールは、特にオルガンや室内楽などに編曲されて親しまれています。

2020年11月24日 (火)

今日の音楽 11月24日 容疑者Xの献身

映画「容疑者Xの献身」は2008年10月に公開されました。

東野圭吾の推理小説「ガリレオ・シリーズ」の第3弾で、初の長編作品です。
東野圭吾のシリーズものといえば「新参者」などで知られる加賀恭一郎のシリーズ、変人物理学博士湯川学を主人公としたガリレオ・シリーズが知られていますが、加賀恭一郎のシリーズは「祈りの幕が下りる時」でおそらく最後となったと思われるため、継続しているのは「ガリレオ」だけとなっています。

「ガリレオ・シリーズ」はテレビドラマで前2作の短編集「探偵ガリレオ」と「予知夢」が作られ、「容疑者Xの献身」は、テレビと同じキャストで製作されました。
ガリレオこと湯川博士を福山雅治、ガリレオに事件を持ち込む女刑事内海薫に柴咲コウ、ガリレオの友人で内海の上司草薙に北村一輝が扮しています。

また、「容疑者X」となる湯川・草薙と大学の動機で高校の数学教師石神を堤真一、石神が想いを寄せる花岡靖子は松雪泰子が演じています。

主題歌は柴咲コウの歌手ネームKOH+による「最愛」で、作詞作曲は福山雅治が担当しました。

2020年11月23日 (月)

今日の音楽 11月23日 ステンカ・ラージン(グラズノフ)

グラズノフの交響詩「ステンカ・ラージン」op.13は1885年11月23日にサンクトペテルブルクでデュッチの指揮によって初演されました。

グラズノフ20歳のときの作品。17世紀のコサックの反乱の指導者 スチェパン・ラージン(ステンカ・ラージン)を題材とした交響詩です。ステンカ・ラージンを賞賛した内容ではなく、反乱軍の略奪、略奪したペルシアの姫をヴォルガ川に投げ落とし鎮圧軍に突撃するという腐敗と敗戦が描かれています。
「ステンカ・ラージン」というロシア民謡はありますが、この曲で印象的に使われているのは「ヴォルガの舟歌」です。

2020年11月22日 (日)

今日の音楽 11月22日 交響曲第6番「悲愴」

2008年の富士高校管弦楽部OBによるオーケストラのメイン曲は、チャイコフスキーの交響曲第6番ロ短調「悲愴」でした。

チャイコフスキーの死の直前、9日前に初演された19世紀後半を代表する交響曲のひとつ、悲愴交響曲には数々の工夫がこらされています。
通常の4楽章構成の交響曲は、ソナタ形式の速いテンポの第1楽章、緩徐楽章の第2楽章、舞曲(多くの場合メヌエット)かスケルツォの第3楽章(一部第2楽章と第3楽章が入れ替わることがある)、ロンド形式などの速いテンポの第4楽章から構成されます。
この悲愴交響曲では、第2楽章に5拍子の舞踏音楽、第3楽章には行進曲風、終楽章に緩徐楽章を持ってきています。
曲の詳しい解説は、他の方が書かれた多くの解説があるので割愛。コントラバス目線で紹介します。

第1楽章は、コントラバスが2手に分かれてロ短調4度(シとミ)という不安な音程の中から暗く呻くようにファゴットが序奏旋律を奏でます。この静寂の中でロ短調4度を決めないと、冒頭からぶち壊しになるのでとっても緊張します。もし狂っていてもファゴットが出てくる第1小説の4拍目までには音程を安定させないといけません。この序奏旋律が第1主題へと派生していきます。
第2主題は打ってかわって有名な甘美なメロディですが、この間は同じ音を伸ばすだけなので、はっきり言って第1楽章は冒頭がうまくいけばそれでOKという感じです。
第2楽章は5拍子のワルツ。この楽章は弓で弾くarcoと指で弾くpizzの速い切り替えされ気をつければOK
第3楽章は行進曲。曲の最後を飾るような華々しい音楽です。
第4楽章は、第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが1音ずつ主題メロディを演奏するという珍しい試みが見られます。最後はむせび泣くようなメロディで、コントラバスがまたまた2手に、今度はarcoとpizzに分かれて消えるように終わります。

何回弾いてもワクワクする音楽ですが、最初と最後に緊張する場面があるというコントラバスにとっては厳しい音楽でもあります。

2020年11月21日 (土)

今日の音楽 11月21日 ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝は2008年8月に日本で公開されました。

シリーズ第3作は、舞台をエジプトから中国に移し、始皇帝の復活によって中国を世界最強国にしようと企む中国人民解放軍のヤン将軍との戦いを描いた作品です。

評論家の評価は低かったのですが、興行的には成功しましたし、結構馬鹿馬鹿しく面白かったと思うのですが。
音楽はランディ・エルマンです。


«今日の音楽 11月20日 小組曲