ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2022年7月 1日 (金)

7月1日 名曲100選 室内楽曲篇・41 弦楽四重奏曲(シベリウス)

シベリウスは学生時代を含めて4曲の弦楽四重奏曲を作曲していますが、唯一現在でも演奏される曲がこの弦楽四重奏曲ニ短調op.56「親愛なる声(内なる声)」です。作曲されたのが1909年です。
5つの楽章から出来ていますが切れ目なく演奏されます。シベリウスの多くの管弦楽曲のようなフィンランドの歴史や景色が見える作品ではありませんが、ところどころシベリウスらしさが感じられる曲です。特に第2楽章は冒頭のメロディがトレモロで演奏されるシベリウスっぽさが出ています。
5つの楽章は、序奏つきの速いテンポの楽章-急速なテンポの楽章-緩徐楽章-舞曲楽章-速いテンポの楽章という構成になっています。
シベリウスが1907年に喉の癌の手術を受けて体調を崩し、死の恐怖とも直面した時期の作品で内面的な内容になっており、「内なる声」(voces Intimae)という表題をつけたようです。

2022年6月30日 (木)

6月30日 名曲100選 海外のロック篇・41 すべての若き野郎ども

「すべての若き野郎ども」(All the Young Dudes)はイギリスのグラム・ロックバンド モット・ザ・フープルの1972年のヒット曲です。
モット・ザ・フープルは1968年に結成されたサイレンスというバンドを前身とするバンドで1969年にモット・ザ・フープルとしてデビューしました。ライヴは好評でしたがレコードはあまり売れず1972年には解散する決定をしましたが、早くからのファンだったデヴィッド・ボウイがメンバーを説得して楽曲提供したのが「すべての若き野郎ども」です。
この曲は初の全英シングルチャート入りを果たし3位まで上昇、アメリカでも37位にチャートインしたバンド唯一の全米ヒット曲となりました。

2022年6月29日 (水)

6月29日 名曲100選 歌劇のアリア篇・41 おごそかなこの広間

ワーグナーの歌劇「タンホイザー」は正式題名は「タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦」です。
「タンホイザー」は愛欲の世界に取り込まれてしまった騎士タンホイザーは、ヴァルトブルクの歌合戦で愛欲の女神ヴェヌスを讃える歌を歌い追放されてしまいます。タンホイザーはローマ教皇に赦しを得るために巡礼に出ますが赦されず、ボロボロの姿で戻ってきます。彼を愛する領主の娘エリザベートの純愛と信仰で死をもってタンホイザーを救うというお話です。
「おごそかなこの広間」は歌の殿堂のアリアとよばれる曲で、第2幕の歌合戦の場面の冒頭でエリザベートによって歌われるアリアです。歌合戦の会場にエリザベートが登場して歌う歌の殿堂を讃えるアリアです。この後、歌手や客たちが有名な行進曲に乗って登場してきます。

2022年6月28日 (火)

6月28日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・41 落日のテーマ

五輪真弓は1972年に「少女」でデビューした日本の女性シンガー・ソングライターの草分け的存在です。
和製キャロル・キングとも言われる歌手で、当初は物憂げな歌い方でコアなファンを中心にヒット曲を出していました。
1970年代後半に入るとメディアへの露出も増えていき、1978年発売の13枚目のシングル「さよならだけは言わないで」から日本の抒情的な曲を強く意識した「歌謡曲」へと路線を変えていきました。1980年発売の「恋人よ」はオリコン1位の大ヒットとなりました。
「少女」の頃から彼女の音楽を知る私にとっても驚くべき変化でした。
「落日のテーマ」はまだメジャーではなかった頃の1975年、NHK銀河テレビ小説「僕たちの失敗」の主題歌を後日発売した曲です。
当時の五輪真弓らしい、物憂げな曲です。


2022年6月27日 (月)

6月27日 名曲100選 交響曲篇・41 交響曲第31番「パリ」

モーツァルトの交響曲第31番ニ長調K.297(300a)は、1778年に作曲されました。
いわゆる第35番以降の後期6大交響曲以外では、25番と並んで人気の高い曲です。また。モーツァルトの交響曲中唯一完全な2管編成の曲です。
構成はメヌエット楽章を欠く3楽章の構成です。
第1楽章はアレグロ・アッサイ、4分の4拍子のソナタ形式です。主音の強奏の後1オクターヴの上行音階があり、その後は躍動するメロディが出てきます。この上行音階は楽章の最後にも出て来て楽章を締めくくっています。
第2楽章はアンダンテで、展開部のないソナタ形式です。この楽章は当初は8分の6拍子で書かれましたが、依頼主のル・グロからいちゃもんをつけられて4分の3拍子で書き直したバージョンも存在しています。
第3楽章はアレグロ2分の2拍子のソナタ形式の楽章です。最初は静かに始まりますがすぐにフォルテになって駆け抜けていきます。

«6月26日 名曲100選 管弦楽曲篇・40 静かな海と楽しい航海