ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2021年4月11日 (日)

今日の音楽 4月11日 ナミヤ雑貨店の奇蹟

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は2017年9月に公開されました。

原作は東野圭吾。泥棒をした三人組が逃げ込んだ空家ナミヤ雑貨店の郵便口は、ナヤミ相談の郵便・・・しかも過去と現在をつなぐ・・・の窓口だった。三人組はこの悩み相談に返事を書くストーリーをオムニバス風に描いたもの。実はこれらの相談は自分たちの過去とも密接に繋がり互いに交錯する事に気づきます。

三人の泥棒は、山田涼介、村上虹郎、寛一郎が演じています。

主題歌は山下達郎の「REBORN」でした。

2021年4月10日 (土)

今日の音楽 4月10日 十字軍の王シーグル

グリーグの劇音楽「十字軍の王シーグル」は1872年4月10日にオスロの王立劇場でヘンヌムの指揮で初演されました。

第1回十字軍に参加したノルウェーのシーグル1世を題材とした戯曲のための劇音楽を元に、3曲を抜粋して組曲としてもの。
第1曲は 第2幕の前奏曲ともなる「力比べ」、第2曲は第1幕から第2幕への間奏曲となる「ボルグヒルの夢」、第3曲は第3幕への前奏曲である「忠誠行進曲」。

で、個人的にこの曲大好きなんです。妙に古典的な響きがするのに、古典派音楽とは全く異なるグリーグの世界が繰り広げられています。
組曲のどの曲のメロディも親しみやすく、劇音楽ですから複雑な展開は無いものの楽しい音楽です。
もっと人気があっても良さそうなんですけどね。

2021年4月 9日 (金)

今日の音楽 4月9日 喜歌劇「軽騎兵」序曲

2017年5月のパイオニア交響楽団第29回定期演奏会の前プロはスッペの喜歌劇「軽騎兵」序曲でした。

楽器を始めた年、高校1年の時から40数年ぶりの演奏。あの時は結構難しかった印象があったのですが、今回演奏してみると、他の曲に比べれば比較的単純な曲でした。

トランペットの派手なファンファーレから始まり、騎兵の軽やかな行進、死者のためのレクイエム、そしてまた行進という序曲自体は「詩人と農夫」と並んでスッペの代表作なのですが、実はこの喜歌劇自体は残されておらず、あらすじさえも分からない。

序曲から類推するにしても軽騎兵の活躍と、死を悼む音楽だけでは、歌劇はできても、喜歌劇にはなりません。
というわけで、単純に序曲自体をひとつの音楽として鑑賞しましょう。

2021年4月 8日 (木)

今日の音楽 4月8日 君の膵臓を食べたい

2016年10月には高校OBを中心としたオーケストラの演奏会がありましたが、モーツァルトの「魔笛」序曲、チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」、ベルリオーズの幻想交響曲と全て再演なので、ご紹介は割愛します。

2017年のお話に入ります。2017年の大きなニュースはアメリカでトランプ大統領が就任し、それまで世界のリーダーだったアメリカが方向を転換し世界の混乱が始まった年でした。

映画「君の膵臓を食べたい」は2017年7月に公開されました。主演は浜辺美波と北村匠海。
浜辺美波演じる山内桜良は膵臓の病で余命宣告をされた少女。死ぬまでにやりたい事に付き合う僕(志賀春樹)との交流を描いたもの。
結局桜良は1ヶ月の入院治療から解放され退院した日に通り魔に刺されて亡くなってしまいます。余命を全うする事ができなかったわけです。
浜辺美波はこの作品で注目され、日本アカデミー賞の新人賞など数々の新人賞を受賞し、現在では最も注目される若手女優となりました。

主題歌はMr.Children の himawariでした。

 

2021年4月 7日 (水)

今日の音楽 4月7日 「ウェストサイド物語」より シンフォニック・ダンス

2016年7月のパイオニア交響楽団第28回定期演奏会のメイン曲は、バーンスタインのミュージカル「ウェストサイド物語」からシンフォニック・ダンスでした。

「ウェストサイド物語」は、今でもミュージカル映画の殆どの人気投票で1位に挙げられる傑作。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台を20世紀半ばのニューヨークに置き換えた作品です。

シンフォニック・ダンスは、このミュージカル中の曲を集めて編曲して作った演奏会用組曲で、全曲切れ目無く演奏されます。
1.プロローグ 指パッチンで象徴される登場の音楽
2.サムウェア このミュージカルの代表的ナンバーのひとつ
3.スケルツォ
4.マンボ 楽団員が「マンボ!」と叫ぶのが知られています
5.チャチャ
6.出会いの場面~クール~フーガ このあたりが少し眠くなります
7.ランブル 暴力的な音楽
8.フィナーレ サムウェアの音楽が動機として使われます。

パイオニア交響楽団のステージの中で最も印象に残った演奏会でした。クラシック音楽と言い放って良いのかどうかは別にして、やっぱり前衛音楽ではない現代の音楽というのは弾いていて楽しいし、活き活きとできます。
ちなみに、この曲で一番練習したところは・・・指パッチン・・・でした。

«今日の音楽 4月6日 交響曲第1番(ルトスワフスキー)