ホームページ

ウェブページ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2018年7月17日 (火)

今日の音楽 7月17日 ひとりじゃないの

三人娘の中では、当時は天地真理のファンでした。

国立音大附属高校の声楽科卒業という事で、地声ではなくて声楽家的な歌い方だったためアイドル歌手としては若干違和感がありましたが、とにかくテレビドラマ「時間ですよ」の隣のまりちゃん出演以降一大ブームを巻き起こしたわけです。

ひとりじゃないの、は3枚目のシングルでオリコン1位を獲得しました。

2018年7月16日 (月)

今日の音楽 7月16日 悪魔がにくい

さて、1972年の邦楽に戻ると、平田隆夫とセルスターズの「悪魔がにくい」が年間5位のヒットでした。

セルスターズは1968年にセルジオ・メンデスを目標に結成され1971年にプロ・デビューしたバンドでした。女性2名をメイン・ボーカルとして「悪魔がにくい」と1972年の「ハチのムサシは死んだのさ」が大ヒットしましたが1974年にボーカル2名が脱退し1976年には解散。

「悪魔がにくい」は5週連続の1位という大ヒットを記録した曲です。

2018年7月15日 (日)

今日の音楽 7月15日 カノンとジーグ

「朝の名曲」に続いて9時頃からNHK-FMで放送していたのが「音楽の部屋」でした。このテーマ曲がパッヘルベルの「カノンとジーグ」です。

この曲は「パッヘルベルのカノン」として知られていますが、正式名称は「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の中の第1曲。様々なアレンジでも演奏されています。

カノンは通奏低音による2小節の音型の後、三声でカノンが演奏されます。冒頭の2小節は28回繰り返されるため通奏低音にとっては有り難いんだか有り難くないんだか微妙な曲。ジーグはカットされる事も多いのですが典型的な8分の12拍子のジーグです。

2018年7月14日 (土)

今日の音楽 7月14日 歌劇「ザンパ」序曲

この頃は大曲だけでなくて、マイナーな(実はマイナーではなかったものもあります)小品にも興味を持ったのですが、最も親しんだのはNHK-FMのクラシック音楽番組でテーマ曲として使われていた曲です。

平日の朝(時間は忘れましたが)放送されていた「朝の名曲」のテーマ曲はエロール作曲の歌劇「ザンパ」序曲でした。エロールは19世紀フランスのオペラ作曲家で「ザンパ」はその代表作。中間部のメロディがテーマ曲として使われました。華やかな親しみ易い曲です。42歳で亡くなってしまったため残された作品は多くは無いのが残念です。

2018年7月13日 (金)

今日の音楽 7月13日 別れの朝

ペドロ&カプリシャスの「別れの朝」。初代ヴォーカルの前野曜子の時代のヒット曲です。

ペドロ&カプリシャスは1971年に前野曜子を迎えてメジャー・デビューしたヴォーカル・グループです。前野曜子は2年で脱退しその後ソロ活動をしましたが1982年頃から闘病生活を送り1988年に40歳で亡くなりました。

前野曜子脱退後の2代目ヴォーカルが高橋真梨子(当時 高橋まり)、3代目 松平直子で、現在は小谷のりこと矢口早苗のツイン・ボーカルとなっています。

「別れの朝」はオーストリアの歌手「ウド・ユルゲンス」の「夕映えの二人」になかにし礼が歌詞をつけたカバー曲。高橋真梨子は非常に上手で情感を大切に歌う歌手ですが、前野曜子はパンチあふれた歌唱力が魅力でした。

«今日の音楽 7月12日 旅の宿