ホームページ

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2018年5月24日 (木)

今日の音楽 5月24日 サンダウン

サンダウン Sundown ゴードン・ライトフット 1974年Billboard年間ランキング27位 最高位1位

ゴードン・ライトフットはカナダのシンガー・ソングライターで1966年にアルバム・デビュー。この曲が全米1位になった時代は、ディスコ音楽が流行し、ロックはプログレ、グラムロックなど華やかな音楽が席捲していた時代。こういうシンプルな曲が1位になったというのは不思議な感じがしましたが、実際にはこのような音楽も求められていた時代なんですね。

2018年5月23日 (水)

今日の音楽 5月23日 レット・ミー・ビー・ゼア

Let Me Be There レット・ミー・ビー・ゼア  オリヴィア・ニュートン=ジョン  1974年Billboard年間ランキング 26位 最高位6位

1974年から数年間は、個人的にはカーペンターズとオリヴィア・ニュートン=ジョンの時代でした。オリヴィア・ニュートン=ジョンは日本でブレークする以前から全米トップ40を聞いていて知っていて、勿論容姿を含めて大ファンになって、ファン・クラブにも入って(会員番号がまだ2桁(20番台ぐらいだったと思います)という、自分で言うのも何ですが先見の明があったわけです。1973年の「レット・ミー・ゼア」から1977年の「きらめく光のように」まで日本で発売された6枚のアルバム(ベスト盤などを除く)を買い続けました。

個人的なオリヴィア・ニュートン=ジョンの推薦曲
①青空の天使 Long Live Love アルバム「とこしえの愛」収録曲 全英11位 アメリカではシングル発売なし とにかく元気いっぱいの歌でした
②愛の告白 I Honestly Love You 1974年 Billboard最高位1位 カントリー調の曲ばかりだったオリヴィアの初のラヴ・ソングで初の全米1位
③プリーズ・Mr・プリーズ Please, Mr. Please  1975年Billboard最高位3位 
④サム Sam 1977年Billboard最高位20位
⑤そよ風の誘惑 Have You Never Been Mellow 1975年 Billboard最高位1位
⑥レット・ミー・ビーゼア
⑦ザナドゥ Xanadu  1980年Billboard最高位 8位 映画「ザナドゥ」の主題歌。ELOとの共演でした
⑧愛は魔術師 A Little More Love  1978年Billborad最高位3位 オリヴィアのファルセットを含めた音域の広さを知らしめた曲
⑨愛しい貴方 If You Love Me(Let Me Know) 1974年Billboard最高位5位
⑩ラヴ・ソング Love Song  アルバム「イフ・ノット・フォー・ユー」収録曲。日本での初公演ではオープニング曲として歌われた神秘的な曲です
番外 フィジカル Physical   1981年Billboard最高位1位(10週間連続1位) 1980年代チャート第1位、現在までのオールタイムチャートでも第8位という歴史に残るヒット曲です。

2018年5月22日 (火)

今日の音楽 5月22日 悲しみのヒーロー

悲しみのヒーロー Billy Don't Be a Hero ボー・ドナルドソンとヘイウッズ 1974年Billboard年間ランキング21位 最高位3位

オリジナルは「ザ・ナイト・シカゴ・ダイド」で知られる、イギリスのグループ ペーパー・レースでこちらは全英で1位になりましたがアメリカではそれほどヒットしませんでした。ボー・ドナルドソンとヘイウッズは「悲しみのヒーロー」一発で名を残したロック・バンド。

曲の内容は邦題の「悲しみのヒーロー」と原題の「ビリー、ヒーローにならないで」を合わせるとわかる通り、戦争に行くビリーを見送る彼女が「ビリー、ヒーローなんかにならなくて良いから無事に帰って来て私をお嫁さんにして」という願いも虚しく、ビリーは戦火に散ってヒーローとなってしまったというものです。行進曲調の明るいメロディとは対照的な内容で、途中で行進曲のリズムが止まって悲しい結末を歌ってメリハリをつけています。

2018年5月21日 (月)

今日の音楽 5月21日 ピアノ五重奏曲第2番(フォーレ)

フォーレのピアノ五重奏曲第2番ハ短調op.115は、1921年5月21日にパリで初演されました。

ベートーヴェン、フォーレ、スメタナ。この3人の共通点は・・・というと、晩年難聴に苦しんだという事でしょう。フォーレの場合、耳が極度に聞こえにくくなった事に加えて、音程が狂って聞こえてくるという症状だったようです。このピアノ五重奏曲第2番も最晩年の作品で、当然病がひどくなってからの作品です。

という事なので、初演も作曲した通りに聞くことはできなかったと思われます。にもかかわらず特に第3楽章はフォーレの室内楽の傑作のひとつとされています。

2018年5月20日 (日)

今日の音楽 5月20日 ウガ・チャカ

ウガ・チャカ Hooked on a Feeling ブルー・スウェード 1974年Billboard年間ランキング第20位 最高位1位

「ウガ・チャカ」という奇妙な邦題が付けれてた「フックト・オン・ア・フィーリング」は、スウェーデンのロックバンド ブルー・スウェードによってカヴァーされヒットした曲。オリジナルは、「雨に濡れても」などで知られるB.J.トーマスが1969年にBillboardの5位に送り出した曲です。なお、B.J.トーマスのオリジナルでは冒頭の「ウガチャカ ウガウガ」の部分はありません。

«今日の音楽 5月19日 交響曲第3番(サン=サーンス)